【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

神石高原ティアガルテン.1 ~キャンプ場、管理棟、体験プログラム~

 

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

あれっ? もう中学生。

いや、もう1月の下旬ですね。

ご挨拶が遅くなり、失礼いたしましたm(_ _)m

 

さて、去る2020年9月19日(土)と10月31日(土)からいずれも3泊で、広島県神石郡神石高原町にある「神石高原ティアガルテン」に行って来ました。

実は3年前にも2回(2017年8月11日、10月19日)やはり連泊で伺っており、久しぶりの訪問になりました。

ここは広島県東部地区を代表する、いや私は広島県を代表するキャンプ場だと思っています!

星2つ半です⭐⭐🌗

 

ほとんどのサイトはオートサイトではなく、電源や流しはありません。

むしろ自ら「訳あり」と表記されたサイト(20張)もあるくらいですから、いわゆる「高規格キャンプ場」とは少し異なります。

それでも、特に『ファミリーキャンプで』『運が悪くなければ』最高の場所だと思います。  

 

2015年7月。

ログハウスやキャンプ場を備えながらも来場者が減少していた「仙養ヶ原ふれあいの里」が、地元有志で創設された運営主体によって、自然や動物とふれ合える体験型観光パークとしてリニューアルオープン。

 

「ティアガルテン」とは、「生きものの楽園」という意味らしい。

敷地内にある牧場ではヤギやウシへの餌やり体験など、また、ピースウィンズ・ジャパンが運営をされるドッグランや犬の保護・譲渡施設では、保護犬のお世話などができるようです。

 

近年のキャンプブームによりキャンプの比重が年々大きくなってきているようですが、もともとが「自然と遊び、自然から学ぶ」というコンセプトで誕生しているところ。

以前、代表者の方が公式サイトで熱く想いを語られていたことを、私も覚えています。

リニューアルオープン後も妥協されることなく、施設や運用を次々と改善されていますので、今後もとても楽しみですね。

 

さて、説明が長くなってしまいましたが、そんな背景もあって、ここはいつ来ても楽しい!

連休などには様々なイベントが開催されていますし、とても広くて遊具も多いので、「大きな公園」として楽しまれている方もたくさんいらっしゃいます。

 

さぁ、それでは管理棟手前の駐車場(黒丸)から、順にご紹介していきましょう。

まずはこちらに車を停めて、管理棟(赤丸)へ。

f:id:momozin:20210210123011j:plain

こちら。

f:id:momozin:20210124172246j:image

なお、国道186号線から県道106号線に入った以降、一部に「制限のある道路または私道を通る箇所がある」ということで、グーグルマップのナビでは遠回りが表示されますが、現地の看板では以下のルートを案内されています。

ゴルフ場を横目に、私はいつもこちらを通っています。

但し、ご判断は自己責任でお願いしますm(_ _)m

f:id:momozin:20210124173933j:image

また、県道411号線から入るルートは途中から離合が難しくなるので、避けられた方が良いと思います。  

改めて、こちらが管理棟(まきばの夢工房)。

f:id:momozin:20210109193721j:plain

その道路向かいには、芝生広場の出入口である入場ゲート(赤矢印)。

その奥が、車の進入口です(青矢印)。

f:id:momozin:20210124171832j:image

車の進入口(一方通行)。

なお、今日は「繁忙期」なので、入場は13:00以降になります。

f:id:momozin:20210109193736j:plain

管理棟に入り、まずは所定の「受付用紙」に記入。

f:id:momozin:20210124102408j:plain

右奥のカウンターが受付ですが、

あれ? テントがない…。

f:id:momozin:20210109193805j:plain

そう、あれは3年前。

ここにはスノーピークのショップがあったんです。

アメドがドーーーーーン!

 

2020年の春から変更になったようです。

f:id:momozin:20210124103540j:plain

今はオシャレな小物やお土産物、キャンプギアなどが並んでいます。

スノピの高級ギア、オシャレ小物。

いずれも私には縁遠い。

f:id:momozin:20210124195030j:plain

ビールやアイスクリームも、こやつら只者ではございませぬな。

f:id:momozin:20210109194138j:plain

ただ、調味料などキャンプの日用品もありますので、ご安心ください。

f:id:momozin:20210109194917j:plain

f:id:momozin:20210109194723j:plain

チェックイン時間前でも、受付けを済ませておくことが出来ます。

広場には入園できるので、場内で遊んでおけば、こども達は大喜びw

11時くらいに到着した我が家も受付けをしてもらってから、芝生広場でモグモグタイム。

f:id:momozin:20210111105257j:plain

f:id:momozin:20201025105437j:plain

 

■神石高原ティアガルテン

※ログハウスについては、公式サイトでご確認ください

【施設概要】

・営業期間:3月1日~12月下旬

・定休日:毎週水曜日※7~9月は無休

・管理対応時間:9:00~17:00※7~9月は18:00まで

・夜間緊急対応:有

・チェックイン

■通常期:9:00~17:00、■繁忙期:13:00~17:00

・チェックアウト※カード返却要

■通常期:9:00~16:30、■繁忙期:9:00~11:00

※すなわち通常期は9:00~翌16:30、繁忙期は13:00~翌11:00

・アーリー/レイト:無

・デイキャン:9:00~16:30

・静粛指定時間:指定無

・予約受付開始/方法:3月1日以降/Tel・Web

・サイト指定:不可(フリーサイト)

・現金以外の支払い:可(カード、paypay)

・割引:JAF会員、団体、身障者

・ペット:可※入園料要

・ごみ処分:可(有料)※¥1,000/10人まで

・レンタル:スノーピーク商品

・販売:薪(¥660)、各種ギア、お土産品など充実

・酒類販売:有(管理棟、9:00〜17:00)

・飲料販売:有(屋外自動販売機)

・飲食設備:有(ティアガルテンカフェ、11:00~16:30。マルクトプラッツ、10:30~16:30。BBQハウスムームーカフェ

・シャワー設備:有(¥200/4分)24時間利用可

・コインランドリー:無

・花火:手持ちのみ可(指定場所)

・遊具:場内に多数、自然体験プログラム

・その他:snow peak shopドッグラン、牧場、ゴルフ練習場、天文台

 

【利用料】入園料+サイト料

■入園料※期間内再入場可

・一般※3歳以上:3ヶ月パスポート:¥500、1年間パスポート:¥1,000

・犬用:3ヶ月パスポート:¥200、1年間パスポート:¥500

※JAF会員で¥200、20名以上の団体で20%割引など有り

f:id:momozin:20210123174124j:plain

■サイト料

フリーサイト(非オート)70張

テント:¥1,100/泊/張(10名)、タープ:¥550/泊/張

※デイキャンプ:¥200/人(小学生以上)

芝グラウンドオートキャンプ場(オート、テント1張タープ1張)20区画

¥2,750/泊/区画

てんじくキャンプ場(非オート)20張

¥550/泊/テント1張、タープ1張

広場キャンプ場(非オート)20張 ※繁忙期のみ開設

¥2,750/泊/テント1張、タープ1張

常設テント(手ぶらキャンププラン。非オート、グロッケ24)4区画:¥38,500/泊(6名)+追加:大人¥3,850/人(定員8名)

 

<参考>

我が家(夫婦+小学生+未就学児の4人家族、JAF会員)の場合

※いずれもフリーサイトに3泊

9/19~22:(¥500‐¥200)×3+(¥1,100×3泊)=¥4,200

10/31~11/3:¥1,100×3泊=¥3,300※入園料は不要

 

【キャンセル料】無連絡:100%

【周辺環境】

・コンビニ:ローソン神石高原町店(車で約15分。道の駅さんわ182内)

・スーパー:フレックス神石高原店(車で約15分)

・温泉施設:光信寺の湯 ゆっくら(車で約20分)

・観光施設:とよまつ紙ヒコーキタワー帝釈峡など

 

最新情報や概要詳細は、こちらでご確認ください。

jinsekikogen.com

 

薪は屋外にあります。

f:id:momozin:20210109194746j:plain

面白いのは、1本売りの無人販売w

薪の購入者には焚き付けのサービスも。

大人気のお洒落キャンプ場だというのに、こういう感覚が大好き💘

f:id:momozin:20210109195017j:plain 

また、管理棟内にはカフェもあります。

チェックイン・アウトの前後にも、便利ですね。

ティアガルテンカフェ

f:id:momozin:20210109194153j:plain

f:id:momozin:20210109194204j:plain

カフェ奥の通路には絵本などがあるキッズコーナー、向かい側はトイレ。

f:id:momozin:20210109194225j:plain

突き当たりは「体験工房」の教室です。

f:id:momozin:20210124115036j:plain

有料・無料、事前予約が必要なものから不要なものまで、多種多彩。

各種体験プログラム

f:id:momozin:20210109194308j:plain

今回は、姫様が「プチオカリナ作り」で、ボクは「バードコールの絵付け」。

f:id:momozin:20210124171936j:image

「来ないかな~、来ないかな~」

空を見ながらサイトで「キュッ、キュッ」っと鳴らしていました。

しばらくして、コオロギが来てくれました。

f:id:momozin:20210109194334j:plain

昼食後に広場で遊んでいたところ、チェックイン開始時間が近づいてきたので管理棟に戻ってみたら、なんと立派な大名行列。

 

 「ふっ、俺は早くに受付を済ませているんだぜ」

余裕の私はのんびりと取材をしていたのですが、これが大間違い。

f:id:momozin:20210109194416j:plain

この列は「受付けを待たれている方」ではなく、「受付けを済まされ、チェックインの順番を待たれている方」でした!

 

キャーーーーーーッ!

確かに、床にテープが貼ってあるじゃん!

これに全く気が付かなかった私...。

ロボコン0点。

f:id:momozin:20210109193805j:plain

ふむふむ、なるほど。

3列のうちまずは左側に並び、受付けを済ませてから、13:00開始の「キャンプサイト案内」のために、右側2列に並び直すようです。

繁忙期はこのようなチェックイン方法にされているんですね。

浦島太郎は右側の最後尾に。

f:id:momozin:20210109193838j:plain 

13:15くらい。

いよいよ次が、キリンのようになった私の順番です。

f:id:momozin:20210124122901j:plain

ラミネートをされたこの「マップ」と「宿泊日の利用用紙」を渡され、注意事項の確認がありました。

f:id:momozin:20210111105154j:plain

f:id:momozin:20210111112903j:plain

f:id:momozin:20210111105113j:plain

足早に駐車場に戻って、いよいよ場内へ移動します。

さぁ、フリーサイトの醍醐味。

出足で少し躓いてしまいましたが、お目当ての場所に張ることが出来るのでしょうか?

次回、乞うご期待!

   1 ・ 2 ・ 3 ・ 4 ・ 5 ・ 6