【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のおすすめキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

神石高原ティアガルテン.5 ~広場イベントキャンプ場、芝生広場、ドッグラン~

 

ふっふっふ、今回も3連泊!

2日目は何も気にせず、思いっ切り遊ぶぞー!空元気の53歳。老体にムチ打ち、仕事以上に頑張ります。

ハンモックには飽きたご様子。ゆっくりコーヒーを飲みたいところだが諦めよう。

 

やすませて

言ってはいられぬ

ファミリーキャンプ

座右の銘を3回唱え、覚悟を決めて芝生広場に向かう。

「じゃあ…、行こうか」

 いや、もう一本だけタフマンを飲んでから。

f:id:momozin:20210416175837j:image  

 

こちらが芝生広場の入園ゲート。

キャンプ場利用者はすでに入園料を支払っているので、各サイトから直接広場と行き来できます。

f:id:momozin:20210416102731j:plain

おおっ!広い広い芝生広場の左側に、初めて見る看板を発見。

f:id:momozin:20210416180207j:image

これが繁忙期にだけ出現するらしい、噂の「広場キャンプ場(特設キャンプサイト)」ですね(赤丸)!

f:id:momozin:20210416175125j:plain

野球やサッカーなど、とても多くのご家族が楽しまれている芝生広場の一部を拝借。

ロープで仕切られていますが、人はもちろん、これではボールも出入り自由ですねw

焚き火台にサッカーボールが飛び込んで来る、ということがあるかもw

f:id:momozin:20210414104200j:plain

こちらは奥側から撮影をした、早朝の様子。

個別の区画はされていませんが、整然と2列に並ばれています。

f:id:momozin:20210416103239j:plain

奥(トイレ)側もロープで仕切られています。

f:id:momozin:20210414104323j:plain

ただ、その先は良い日陰になることもあって、日中はとても多くの来園者がサンシェードやレジャーシートを敷いて寛がれています。

来園者にとって「広場キャンプ場」は、さながらテントやキャンプギアの展示会場ですねw

キャンプ初心者やテントなどの購入予定の方には、参考になって丁度良いかも(^^)/

f:id:momozin:20210416103323j:plain  

 

■広場キャンプ場(イベントキャンプ場)

・利用可能時間:9:00~翌16:30

※繁忙期でも丸2日間利用可能

・サイト利用料:¥2,750/泊(テント1張、タープ1張)

※入園料は別途要。

・自動車の乗入れ:不可

・ペット:可※リード必須

 

管理棟、炊事棟、トイレ、(当然ですが)遊具のどこにも近くて、すごく便利な場所ですね!

なっぷ「GW限定 イベントキャンプ場」

神石高原ティアガルテン 芝生広場 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

 

実は知らずに来たんですが、今日はイベントを開催されているようです。

ワークショップや飲食ブースもあって、楽しそう!これは、ラッキー池田。

そうそう、カープの「CCダンス」の振り付けは、ラッキー池田氏によるものなんですよ(^^)Ⅽ~

f:id:momozin:20210416102302j:plain

案内板に張られていたあるチラシを見て、昨夜からとても楽しみにしていたボク。

f:id:momozin:20210416134048j:plain

開演間近、駆け足でステージに。

f:id:momozin:20210414104028j:plain

現れたのは、そう!我らが広島県のご当地ヒーロー、「安芸戦士メープルカイザー」。

もみじ饅頭を食べると元気が100倍になり、必殺技が使えるようになるらしい。

タフマンより、もみじ饅頭だったかーっ。

f:id:momozin:20210414104037j:plain

「黄金のもみじ饅頭」により悪者を退治したメープルカイザーを見届け、広場の散策へ。

こちらの列は?

f:id:momozin:20210416102053j:plain

ジップラインをやっているようです(有料¥500/回)。

今度は姫様の出番だ!

アタック チャンス(by 児玉清)

ハンター チャンス(by 柳生博)

ナウ ゲッタ チャンス(by 伊東四郎)

こんなにお手軽にジップラインが体験できるなんて、とにかく大チャンスです!

f:id:momozin:20210416211455j:image

ところが、身長制限にかかり断念。仕方がない。丸大ハンバーグを食べて大きくなろう!

この際、わんぱくでも良いです…。

f:id:momozin:20210416102156j:plain  

 

イベント開催に関わらず、常設の遊具はたくさんあります。

ツリーデッキには、なんと図書館。

f:id:momozin:20210416103744j:plain

小さな図書館ですが、絵本などが約120冊。

f:id:momozin:20210416122743j:plain

なんと園内なら自由に持ち出し可能なので、テントや広場のベンチで読書タイムも。

f:id:momozin:20210416144449j:plain

アスレチック風のツリーデッキ。

f:id:momozin:20210416103700j:plainf:id:momozin:20210416103708j:plain

自然木を利用したブランコ。

こちらは3年前、6歳の可愛い姫様。まさに、ハイジの実写版💘

キンキンに冷えてやがる。

f:id:momozin:20210416180114j:image

樫の木モック。

f:id:momozin:20210416180132j:image

なんと、赤いトラクターまで。燃える男に限らず、子どもはなんでも興味津々。

f:id:momozin:20210416180143j:image

このように芝生広場には小ネタ、ではなく遊具がたくさん。

f:id:momozin:20210416103818j:plainf:id:momozin:20210414104443j:plain  

 

さらに青丸のところには、ローラー滑り台やドッグランがあります。

f:id:momozin:20210416104247j:plainf:id:momozin:20210417151010j:image

そして、「水辺の遊び場」には、流れる水のボルダリング。

f:id:momozin:20210416104356j:plain

「滑って落ちたらどうするのよ!」

そんな親の心配を余所に子どもたちは大喜びなので、ぜひタオルを握りしめて見守ってください。

f:id:momozin:20210416181120j:image

もし落ちたとしても、ドロ沼に少しはまるだけ。

キャンプ沼よりは抜けやすいと思いますよ(^-^)v

f:id:momozin:20210416104416j:plain

また、夏期はウォータースライダーが登場します(有料¥500)。

こちらは水着着用が必須なので、夏休みシーズンにはテントと一緒に水着もお持ちくださいw

f:id:momozin:20210416104835j:plain

どんなに飽きっぽい子どもでも大満足間違いなしのバリエーションだと思いますが、何と言っても一番人気は「宝探し」でしょう(有料¥300)。

 

指令書とマップを持って場内に隠された宝箱を探し、謎を解いていきます。無事にすべての宝箱を探し出し謎が解けた人には、豪華賞品が当たるかも!

祈って祈って~。

とても楽しいので、リピーターのためにコースをいくつか用意していただければ嬉しいです!

f:id:momozin:20210416104446j:plain

緑丸の「ムームーカフェ」でひとやすみ。

近くの牧場のジャージー牛やブラウンスイス牛のミルクで作られた、濃厚なソフトクリームが食べられます。

f:id:momozin:20210416103427j:plain

とても広い牧場には牛とヤギがいます。牛さんがのんびりw

ここはキャンプサイトにしないであげて欲しい。

f:id:momozin:20210416104514j:plain

ヤギには、

f:id:momozin:20210416105111j:plain

餌をあげることもできます。

f:id:momozin:20210416102529j:plain  

 

この牛とヤギの間を抜けた先の「メイン会場」では、ワークショップと飲食のブースで賑わっていました。

f:id:momozin:20210416102302j:plain

まずは昼食に、神石高原牛の牛丼。

うメェ〜〜🐐

f:id:momozin:20210416102550j:plain

姫様はけん玉が得意。急遽、けん玉検定を受験しました。

先生に信じられないような技を見せていただき、帰宅後も練習をしていました。

頑張り屋さんなんです。

f:id:momozin:20210416102618j:plain

それにしても…、

どこも楽しい、何をしても気持ちが良い、何を食べても美味しい。

ここはキャンプをしなくても、公園とイベントだけでじゅうぶんに楽しい1日が過ごせますね。

f:id:momozin:20210416151451j:plain

次回は、カフェやスノーピークショップが入る「マルクトプラッツ」や近隣のスーパー、遊び場のほか、もうひとつのキャンプ場「てんじくキャンプ場」のご紹介をします。

1泊¥550/張。

自ら「訳あり」と銘打たれるキャンプ場です。

乞うご期待。

    1 ・ 2 ・ 3 ・ 4 ・ 5 ・ 6