【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のおすすめキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

寂地峡キャンプ場.1 ~施設紹介

 

2021年9月の週末に1泊で、山口県岩国市錦町にある「寂地峡キャンプ場」に行って来ました。

「岩国市錦町」って、どこかで?

そうです。2つ前に公開した「須川家族村オートキャンプ場」と同じ町内にある市営のキャンプ場で、広島市方面から行くと、寂地峡キャンプ場の方が少し手前になります。

我が家から一般道オンリーで1時間20分程度の距離、そして私が大好きな「林間」+「渓流」、さらにトレッキングも楽しめるキャンプ場ということで、以前から気になっていたのですが、とにかく情報が少ない。

キャンプ場紹介に特化したブログを運営しているので、チャレンジ精神での突撃には慣れてきたとは言え、実はノミの心臓。何と言っても「10歳の娘と7歳のボク、のほほんとした妻」とご一緒のファミキャンですから、あまり派手な失敗は許されません。

そこで、今回は人生初の「現地事前調査」を決行。ひとりで下見に行って参りました。そして、その3ヶ月後の2021年9月に、満を持して姫様たちをお連れしたのです。それもこれも、家族に「もうキャンプは嫌」「家でSWITCHをしている方がイイ!」と言われないためです。後世まで伝えたいこの想い。

 

 

「岩倉ファームパーク」から約15分、こちらを左折。この1ヶ月前に伺った「須川家族村オートキャンプ場」と全く同じルートです。

この先、山口県に入ってからは急に道路が狭くなるのでご注意ください。

「寂地峡キャンプ場」は、離合困難な道を過ぎた先で右折をします。

f:id:momozin:20220504171635j:image

岩倉ファームパーク」から約30分で到着。広い駐車場に、立派な案内所「やませみ」があります。

 

 

赤丸が管理棟。他に、黄丸がレストハウスで、青丸がトイレ。

「寂地峡」は西中国山地国定公園にある三大渓谷のひとつ。山口県の最高峰、標高1,337mの寂地山を源にする渓流に沿って遊歩道が整備されており、日本の滝百選にも選ばれた五つの滝が並ぶ「五龍の滝(上図、黒丸)を手軽に感じることができるトレッキングが人気のようです。

また、白丸の「宇佐八幡宮」には、県の天然記念物に指定されている、樹齢1,000年を超える「宇佐の大杉」があります。屋久杉クラスですね。

(出典:錦川観光協会)

このような景勝地なので、キャンプ場としての宿泊利用以外にデイキャンプやトレッキング、ドライブ、ツーリングなどで訪れる方が多いらしく、寂地峡案内所「やませみ」(以下、管理棟)は高規格キャンプ場並みに充実しています。

真夏のシーズンでなくても充実の品揃え。ビールや日本酒もあります(アサヒスーパードライ¥300、キリンのどごし生¥150など)。これは有難い!

アイスクリームの種類もこんなに豊富!

他にも、地元の新鮮野菜をはじめ、特産品のワサビ漬けやこんにゃくを使ったお土産物、カップラーメンなどを販売されています。

さらに、管理棟の前にはレストハウス「菩提樹」があります。

・営業:4~11月の土日祝日、11:00~15:00(不定休)

人気はやっぱり「わさび丼」のようですが、「がんこ爺 山田屋うどん」さんの麺を使われているという、うどんメニューも美味しそう。

がんこ爺 山田屋うどん:山口県岩国市阿品 岩国焼吉香窯のうどん屋

こちらは管理棟の横にあるトイレ。

付近にあるテントサイトを利用した場合にも、こちらを利用することになります。今回我が家も主にこちらをお借りしました。

個室は和式ですが、とにかく綺麗に清掃されていました。

身障者用もあり、こちらは普通便座の洋式。オムツ替えシートもあります。

キャンプ場内にはトイレが4ヶ所、炊事棟が2ヶ所と小さな炊事場が2ヶ所、シャワー室が2ヶ所ありましたが、それぞれの建物周辺を含め、どこも非常に綺麗に清掃をされていました。設備の一部は老朽化している部分が当然ありますが、全体的にとても気持ち良く利用出来ました。我が家の女性陣も絶賛!

また、すべてのトイレ棟に身障者用が併設されているので、いずれでも洋式便器を利用することが出来るというのも助かりました。

 

 

テントサイトやケビンは、日本の名水百選にも選ばれた「寂地川」に沿って並んでおり、下図のように主なエリアは3つに分かれています。それぞれに特に名称は付けられていませんが、その特徴から設定すると、こんな感じでしょうか。

・赤丸:非オート・区画サイトが全20区画(およそ3.5m×3.5m)、デイ専用が3区画。炊事場・トイレ・シャワー室が各1ヶ所、東屋、避難所

・青丸:オート・デッキサイトが全11区画(デッキ部:4m×4m)、ケビン5棟、炊事場2、トイレ・シャワー室が各1ヶ所

・緑丸:オート・区画サイトが全8区画程度(およそ6~10m×6m)、炊事場、トイレ

■寂地峡キャンプ場

【施設概要】

・営業期間:4月1日~11月30日

・定休日:期間中無休

・管理対応時間:8:00~17:00

・夜間緊急対応:有(電話)

・チェックイン:15:00~17:00

・チェックアウト:~14:00(手続き不要)

※ケビンは15:00IN~翌10:00OUT。

・アーリー/レイト:無

・デイキャンプ:有(8:00~17:00、¥100/人)

・静粛指定時間:無

・予約受付開始/方法:4月以降/TEL(0827-74-0776)

・サイト指定:可

・現金以外の支払い:不可

・割引:無

・ペット:可(リード必須)

・ごみ処分:不可

・レンタル:有(テント¥2,090、毛布¥200、BBQセット¥500など)

・販売:有(薪¥400、炭3kg¥450、カップ麺、お菓子など)

・酒類販売:有(管理棟内)

・飲料販売:有(管理棟内)

・飲食設備:有(レストハウス菩提樹。営業:金土日祝の11:00〜15:00)

・シャワー設備:有(¥200/回)

・入浴施設:無

・コインランドリー:無

・花火:可(指定場所:特になし)

・遊具:トレッキング、川遊び、魚釣り

【利用料】

・テントサイト(デッキ):オート、区画:¥2,090/泊。11区画。※赤丸

・テントサイト(路地):非オート、区画:¥1,040/泊。20区画。※青丸

・テントサイト(芝生):オート、区画:¥1,040/泊。7区画程度。※緑丸

・ケビン(定員4人):¥10,470/泊。5棟。宿泊追加(2人まで)¥1,570/人

<参考>

我が家(夫婦+小学生2人の4人家族、テントサイト(デッキ)33番に1泊)の場合:¥2,090(税込)

【キャンセル料】

【周辺環境】

・コンビニ:ローソン六日市インター店(車で約31分)

・スーパー:サンマート六日市店(車で約31分)

・入浴施設:深谷峡温泉 清流の郷(いずれも車で約12分)

■最新情報や概要詳細はこちらでご確認ください

kankou.iwakuni-city.net

 

では、次回まずは赤丸の「区画サイトエリア(仮称)」から、赤矢印の通りご紹介いたします。

乞うご期待。

      1⃣  2⃣  3⃣  4⃣