【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

竜王山公園オートキャンプ場.5

 

なんとカープは今夜で9連勝!

いやはや今期は、出だしで躓いたと思った11連勝でV時回復。

四連覇間違いなし、と思っていたら今度は11連敗。

では、今年は若手の成長を楽しみに、と思っていたらこれですものw

なんとも乱高下の状態で、落ち着く時がありません。

 

落ち着かないと言えば、吉本興業。

さて、どちらもどんな結末を迎えるのでしょうか。

 

ーーーーーーホンダイーーーーーー

 

綺麗に整備された区画サイトが97、トレーラーハウスが3台と広大な「竜王山公園オートキャンプ場」。

f:id:momozin:20190704125447j:plain

女性陣も大満足の、お洒落で清潔なサニタリー。

 

小さな子連れには嬉しいオムツ替えシートやこども専用のトイレの他、独立した洗面所や温水シャワー、コインランドリーも完備。

f:id:momozin:20190710220425j:plain

セキュリティーもバッチリなうえ、

f:id:momozin:20190630085638j:plain

広い芝生+大きな遊具♪

f:id:momozin:20190630085910j:plain

そして、大人が嬉しいサイト料(^^)

ここが大事MANブラザーズバンド。

 

さぁ、ご一緒に♪

www.youtube.com

 

さらに、ここの良さはキャンプ場周辺の環境だと思います。

「キャンプ場でまったり」が通用しないチャイルドキャンプには、とても重要な要素ですよねw

 

まずは、スーパー。

特に連泊する場合には、近くにあれば助かります。

f:id:momozin:20190722092854j:plain

我が家の近くのスーパーより安いくらいだし、次回は手ぶらで来ようかなw

 

今やキャンプの食材は、家でカットや下処理をして持って来るのが流行りですけど、私は地買地消派。

松本派でも、加藤派でもありません。

何でも良いから、できるだけ現地でお金を使うことが大切だと思うんですよね(*^-^*)

f:id:momozin:20190722092858j:plain

 

次に、お風呂。

前回ご紹介した、こちらの「きらら交流館」のトロン温泉。

 

www.kirara-k.jp

 

奥に写っているのが「きらら交流館」ですが、その隣が「きららビーチ焼野」。

f:id:momozin:20190722092842j:plain

シャワー、更衣室、トイレ、管理棟が整備された海水浴場です。

f:id:momozin:20190722092838j:plain

夏のキャンプなら、海水浴とのセットで楽しめますね。

マリンスポーツも楽しめるようです。

f:id:momozin:20190722092846j:plain

ところが…、

GWですが、寒い、冷たいという言葉とは無縁の方々です(*_*;

「日本の夕日100選」に選ばれた夕日など、気にされるはずもありませんが、とにかく楽しまれていました。

f:id:momozin:20190722092849j:plain

 

ーーーーーーーーフツカメーーーーーーーー

 

我が家では今回が初めてになる、3泊4日という長期遠征キャンプ。

2日目は3家族によるデイキャンです。

 

ただ、幼児中心のグルキャンですもの、お子様たちにはキャンプ場の遊具だけでは満足してもらえません。

f:id:momozin:20190630090014j:plain

ところが、ここは大丈ブイ(^^)v

車で約30分のところに「ときわ公園」があります。

早々に昼食を済ませて、みんなで出掛けてみました。

 

f:id:momozin:20190728142643p:plain

出典:ときわ公園

 

ここは、常盤湖周辺にミュージアムや動物園などが整備された、東京ドーム40個分という広大な総合公園。

宇部市発展の礎となった石炭産業を伝える、日本最初の石炭記念館もあるけど、こども達が興味があるのは、もちろんこちら。

 

www.tokiwapark.jp

 

f:id:momozin:20190722092908j:plain

身長・年齢制限があまりない、幼児向けの遊園地。

f:id:momozin:20190722092912j:plain

入園料は無料ですし、気軽に半日程度を過ごすのに、丁度良い感じだと思います。

f:id:momozin:20190729000259j:plain

都会の方にとっては物足りないと感じられるかもしれませんが、マリーナホップしか遊園地がない広島のこどもにとっては「一服の清涼剤」ならぬ、「一服の竜宮城」かもしれません(#^^#)

f:id:momozin:20190729000340j:plain

さらに、遊園地に隣接して、興味深い動物園があります。

サル系に特化した動物園です。とても面白そう!!!

新婚旅行にケニア&タンザニアを選ぶくらい動物好き(?)な私と女王様。

ここは、いつか是非訪れてみたいと思っています!

 

f:id:momozin:20190728152149p:plain

出典:ときわ公園

 

なお、この公園には、サイト料無料のキャンプ場が2ヶ所あります。

「ときわ湖畔北キャンプ場」と「ときわ少年キャンプ場」。

どちらも車の乗入れ不可でフリーサイト。

サイト数は15と10とコンパクトなキャンプ場ですが、炊事場やトイレも綺麗らしいので、ここも良さそうですね!

 

www.tokiwapark.jp

 

ーーーーーーーーミッカメーーーーーーーー

 

グルキャンの後は、急に寂しい。

でも、「今日は何するん?」「どこに行くん?」と朝から総攻撃を受ける。

私にEEZはない…。

 

そこで、3日目は下関遠征。

まずは、観光客でごった返す「唐戸市場」へ。

下道オンリーで約1時間。

f:id:momozin:20190722092921j:plain

 

 

そして今回はここからもう少し足を延ばし、対岸の北九州、門司港へ。

昨日の「ときわ遊園地」のアトラクションより迫力満点の5分間。

 

デッキがおすすめ!

景色がイイし、水しぶきも良い思い出になると思います(^^)

f:id:momozin:20190729000422j:plain

f:id:momozin:20190728163314p:plain

出典:関門汽船株式会社

さずがGW!

門司港一帯でイベントが開催されており、とても多くの方で賑わっていました。

f:id:momozin:20190729000449j:plain

 

ランチタイム。

ただ、お目当ての名物「焼きカレー」のお店は、当然どこも長蛇の列。

 

やっと食べられたのがこちら、ハンバーグとチーズがトッピングされた焼きカレー!

「美味しそう!」ってコメントが殺到すること間違いなしですねw

f:id:momozin:20190722092930j:plain

デザートは、こちらの蜂蜜屋さんにて。

f:id:momozin:20190729000529j:plain

お行儀が悪いお姫様(T_T)

f:id:momozin:20190722092935j:plain

帰り道、このお姫様が車窓からトイザらスを発見され、全員強制途中下車。

「たまごっち」を購入させられました。

キャンプをするために山口に来たということを覚えている人は、おそらく何処にもいないでしょうね。

 

ーーーーーーーーサイシュウビーーーーーーーー

 

チェックアウトは「~13:00」。

最終日の4日目の午後、我が家がやって来たのは、なんと再び下関。

 

今日の目的地は、「唐戸市場」から水族館「海響館」を挟んだ先にあるこちら。

「はい!からっと横丁」。

なんとも威勢が良い! 新しい魚市場ですか?

f:id:momozin:20190729010722j:plain

 

 

ところがどっこい、今日も遊園地w

どんだけ~っ!

f:id:momozin:20190722094002j:plain

haikarat.com

 

「入園料無料」で「こども向け」という2点は、一昨日の「ときわ遊園地」と同じですけど、アトラクションはこちらの方が充実しています。

f:id:momozin:20190728171517p:plain

出典:はい!からっと横丁

定番のジェットコースターの他、

f:id:momozin:20190729000610j:plain

こんなのや、

f:id:momozin:20190729000634j:plain

こんなのまで。

f:id:momozin:20190729000657j:plain

幼児が楽しめるものもありました。

f:id:momozin:20190722094009j:plain

f:id:momozin:20190729000756j:plain

 

夕方からはイルミネーションでライトアップされ、ちょっぴり名残惜しい。

思えば遠くに来たようですが、「下関IC」がすぐ近くなので、帰りは山陽道で一直線!

帰り道の車内に可愛い寝顔が並んだのを見て、ひとり満足感に満たされる私。

 

こんなキャンプ(?)でも良いですよね?

 

ーーーーーーーーサテーーーーーーーー

 

5回に渡りご紹介してきた、山口県山陽小野田市にある「竜王山公園オートキャンプ場」。

 

「高規格キャンプ場」でありながらも、とてもリーズナブルな料金設定。

さらに、大規模かつ人気のキャンプ場でありながらも、サイト指定が可能。

少し足を延ばせば、周辺にはこどもの遊び場や観光名所がたくさん。

ファミリーキャンプには、まさに理想的なキャンプ場と言えると思います。

 

ただ、もう少しだけでも広島に近ければなぁ…。

やっぱり、ひとりで運転する帰り道は寂しいよ。

 

おしまい

 

ーーーーーーオマケーーーーーー

 

「たまごっち」って高いんですね。

結局、「〇〇ちゃんも、△△ちゃんも持っている」にノックダウンされましたが、

実はその後、私が少しハマってしましました(^^;)

恋人はイケメンが良いですね!遺伝は大事。

 

Tamagotchi meets (たまごっちみーつ) サンリオキャラクターズみーつver.

Tamagotchi meets (たまごっちみーつ) サンリオキャラクターズみーつver.