【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

恐羅漢エコロジーキャンプ場.4:フリーサイト

 

つい先日まで「雨、雨、そして雨」で、土砂災害や川の氾濫の心配をしていたのに、連日30度オーバーの猛暑。

 

先週末は瀬戸内海の島に「海水浴キャンプ」に行きましたが、いったい私は何度「暑~っ」と、分かり切っている愚痴を言ったことでしょうm(_ _)m

今回、「温水プール」ならぬ「温水海水浴」という、珍しい体験をすることが出来ました(^^;)

 

いやぁ真夏のキャンプは、やっぱり高原がいいなぁ(親父の意見)。

でも、こども達は泳げる方が良さそう。

だから我が家の夏キャンプは、「海→山→海→山」。

よって、次回のお盆には「山(高原)」!

 

台風にはご遠慮いただきたいものです。

 

 

気候の変化にぐったりしていると、前回の更新から早や2週間が経過。

涼しかった「恐羅漢エコロジーキャンプ場」の想い出を振り返ってみます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

4回目の今回は、フリーサイトのご紹介。

 

■フリーサイト:(平日)¥900、(休前日)¥1,200、(繁忙期)¥1,500/泊

 

1.一面が緑に覆われた平坦な広場で、こども達が遊びやすい。

2.自動車の乗入不可とは言っても、「フリーサイト2」なら駐車場は隣接。

3.とても安価なサイト利用料。

4.最大50張と広いので、繁忙期でも予約がしやすい。

 

恐羅漢のフリーサイトは魅力がいっぱい!

前回(2017年7月)はグルキャンだったこともあって、サイト選びはフリーサイトの一択でした。

f:id:momozin:20200709095807j:plain

フリーサイトは「1」と「2」に分かれており、3m程度の段差があります。

 

ここが上図③から見た、「フリーサイト1」の出入口。

このように間口は狭く…、

f:id:momozin:20200701141452j:plain

青矢印の通り、ずーーーと、奥に長細い。

 

ギアの搬出入時を含め自動車の進入は出来ないので、奥の方に張られる場合には、カートがあれば便利ですね。

f:id:momozin:20200701141431j:plain

...という事で、こちらの「フリーサイト2」の方が圧倒的に人気。

f:id:momozin:20200701141542j:plain

一面が緑に包まれています。

トイレと炊事棟は、オートサイトのものと同じ。

f:id:momozin:20200701141553j:plain

2棟の間には細い道があり、「フリーサイト1」との行き来が出来ます。

f:id:momozin:20200701141604j:plain

f:id:momozin:20200803144322j:plain

「フリーサイト2」の奥には東屋があり、その奥には林間歩道もあります。

f:id:momozin:20200701141615j:plain

 

 

我が家が前回テントを張ったのはこちら。

赤丸のところです。

f:id:momozin:20200709095807j:plain

前回は、みんなで林間歩道を歩いてみました。

ドラえもんの歌を歌いながらw

 

あんなこっといいな、できたらいいな♪

f:id:momozin:20200803134421j:plain

林間歩道のルートはいくつかありますし、小さなこどもさんと一緒でも楽しめると思います。

f:id:momozin:20200702114741p:plain

(出典:恐羅漢エコロジーキャンプ場)

もう少し大きくなったら、途中まででも、恐羅漢山のトレッキングに挑戦してみたいですね。

サンドウィッチとコーヒーを持って!

f:id:momozin:20200803142405p:plain

(出典:恐羅漢エコロジーキャンプ場)

赤丸のところから、炊事棟方向に振り返る。

このようにとても広いので、前回利用時はソロキャンや登山者のテントが多く並びました。

f:id:momozin:20200701141626j:plain

テントの目の前でこども達が遊べるというのは、親にとっても安心出来ます。

f:id:momozin:20200804115255p:image

また、「フリーサイトは車の横付け不可」とは言っても、このように駐車場が隣接しているので問題ありません。

むしろ、ここで花火が出来るので、サイトからも近くて便利ですね。

f:id:momozin:20200701141637j:plain

なお、この「フリーサイト1」が最も標高が低い場所になります。

f:id:momozin:20200701141716j:plain

距離もありますが、メイン道はこのように勾配がありますので、シャワー(24h利用可)や売店(19時まで)があるセンターハウスまで行くには、自動車移動が必須になるでしょう。

f:id:momozin:20200701141726j:plain

また、前回はとても風が強くて、タープのペグが抜けそうになりました。

どこでも同じですが、風対策には十分にお気を付けください。

 

 

最後にお風呂ですが、「聖湖キャンプ場.4」でご紹介した「いこいの村ひろしま」で日帰り入浴が出来ます。

恐羅漢エコロジーキャンプ場からは車で片道約25分かかりますが、宿泊もできる大きな施設ですしサウナもありますので、是非ゆっくりお寛ぎください。

 

blog.hiroshima-camp.net

 

また、「いこいの村ひろしま」のすぐ近くには「深入山グリーンシャワーオートキャンプ場」というキャンプ場もあります。

こちらは深入山登山のベースに良さそうですね。

 

オートキャンプ場 深入山グリーンシャワー

f:id:momozin:20200804140840p:plain

(出典:安芸太田ナビ)

 

ーーーーーーカンコウジョウホウーーーーーー

 

・4月上旬~中旬:与一野のしだれ桜

・6月中旬~7月上旬:ホタル観賞

・7月上旬~8月下旬:避暑!

・春~秋:登山

 

近くに国の特別名勝「三段峡」があります。

なかでも、高さ20mの断崖の間を小舟で遊覧する「猿飛渡船」は迫力満点!

紅葉が見頃の10月下旬~11月上旬が、特におすすめです。

 

恐羅漢 裏三段峡 猿飛渡船

f:id:momozin:20200804120638p:plain

(出典:恐羅漢エコロジーキャンプ場)

 おしまい

 

      ・  ・  ・