【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のおすすめキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

江の川カヌー公園さくぎ.1 ~施設紹介~

 

2021年8月のある日、広島県三次市作木町にある「江の川カヌー公園さくぎ」のキャンプ場に行って来ました。

オートキャンプの区画サイトが10区画、グループサイトが5区画と小規模なキャンプ場ですが、高規格のキャンプ環境とカヌー体験や水遊びができることで大人気のキャンプ場ですね。

f:id:momozin:20211029132927p:plain

(出典:江の川カヌー公園さくぎ)

あまりに大人気が故に、予約受付開始時間には電話が殺到するため、「なかなか電話がつながらな~い」というキャンプ場のひとつ。

この度、私が予約できたのは、8月6日の「金曜日の1泊」だったから。実は、私の職場は毎年8月6日がお休みです。

超人気キャンプ場の予約は、平日など出来るだけ利用者が少なそうな日に入れるというのが秘訣ですね。  

 

こちらのチェックインは14:00以降。

本当はアーリーイン(IN8:30~、+¥600)を付けて早く入りたかったんですけど、こども達の学校行事(平和学習)がありまして、その終了後に出発となりました。

「14:00INを8:30INにして、プラス¥600」って魅力的ですよね。

次回はきっと!

f:id:momozin:20211020135119j:plain

という事で、本日は14:00過ぎに到着。

早速カヌー公園らしい雰囲気で、いきなりワクワクが絶好調です。

明日のチェックアウト後には、カヌースクールの予約を入れていますから、今回は「大人気のキャンプ場+カヌー体験」というスペシャルキャンプ!

そして、こども達が大歓喜のお遊びスポットもあるようですから、まさに広島キャンプ界の宝石箱、いやディズニーランドや~。

f:id:momozin:20211020135148j:plain

では、管理棟内へ。棟内では、多種多様な特産品を販売されています。

あれっ、これは?

f:id:momozin:20211020140115j:plain

木の実ショップ。

大きさや形が様々な木の実がたくさん。煮沸・洗浄・乾燥がされており、アクセサリーなどの工作に良さそうですね。

お子様にはクヌギのぼうし、お父様にはお酒のお供に、食べることも出来るオニグルミがおすすめです。

なお、「お値段はお客様が自分で決めてください」とあります。悩ましい。

f:id:momozin:20211020140320j:plain

反対側にも食品類が並んでいます。

飲料やパンなどの軽食、洗剤や歯ブラシなど日用品から、なんと浮き輪まで。

f:id:momozin:20211020135325j:plain

ビール¥280、発泡酒¥200。

アイスクリームの種類も充実していますが、真夏は当然大人気なので、お早めに。

f:id:momozin:20211020140418j:plain

もちろん薪や炭も。

薪は広葉樹が中心で¥500、炭は地元の「房五郎じいちゃんの炭」1kgで¥300。

そして、オリジナルらしい鉄製のコンパクト焚き火台。色々とこだわりの感じが面白いですね。

f:id:momozin:20211020140520j:plain

その他、この日はコロナウイルス対策としてテイクアウトのみの提供になっていましたが、棟内にはレストランもあります。

 

■レストラン 森のふくろう 作木店

・営業:11:00~14:00

レストラン | 江の川(ごうのかわ)カヌー公園さくぎ 公式サイト

f:id:momozin:20211020140559j:plain  

 

■江の川カヌー公園さくぎ

【施設概要】

・営業期間:通年

・定休日:火曜日※GW、夏休み期間は無休

・管理対応時間:8:30~18:00

・夜間緊急対応:有(電話)

・チェックイン:14:00~

・チェックアウト:~13:00(手続き要)

※コテージは15:00~翌10:00

・アーリー/レイト:8:30~/~18:00、各¥600

・デイキャン:有(8:30~18:00/¥2,030)

・静粛指定時間:22:00~翌7:00

・予約受付開始/方法:3ヶ月前の月初め/TEL

・サイト指定:可

・現金以外の支払い:可(PayPay、カード、交通系IC等)

・割引:無

・ペット:不可

・ごみ処分:原則不可(灰捨てのみ可)

※可燃ごみ、プラ・ビニール、缶、瓶、ペットボトルに分別をして、各指定のゴミ袋(¥300/枚)で捨てることも可

・レンタル:有

・販売:有(薪¥500、炭¥300他、軽食、日用品など)

・酒類販売:有(管理棟内)

・飲料販売:有(管理棟内外)

・飲食設備:有(レストランふくろう)

・シャワー設備:有(¥100/人)

・入浴施設:有(くまみ湯)

・コインランドリー:有(管理棟横)

・花火:打上げ以外(指定場所:特になし)

・遊具:カヌースクール、沢歩き、水のすべり台、水遊びゾーン

【利用料】

・オートキャンプ場(電源15A付)10区画:¥2,530/泊

・グループサイト(屋根、テーブル・イス、電源15A付)5区画:¥1,520/日、¥3,040/泊※1日の利用時間は8:30~18:00、1泊の場合は8:30~翌18:00

・いろり庵本庵(~4名、入浴料込み)5棟:¥14,250/泊。追加¥2,540/中学生以上、¥1,270/3歳以上※最大6名、ペット不可

・いろり庵離庵(~8名、入浴料込み)3棟:¥28,500/泊。追加¥2,540/中学生以上、¥1,270/3歳以上※最大14名、ペット不可

<参考>

我が家(夫婦+小学生2人の4人家族、オートキャンプ場に1泊)の場合

¥2,530×1泊=¥2,530(税込)

【キャンセル料】3日前~:30%、当日:50%

【周辺環境】

・商店:LaLa香淀(車で約3分)9:00~19:00

・スーパー:Aコープたかみや店(車で約14分)

・観光施設:川の駅常清(車で約5分)など

 

■最新情報や概要詳細は、こちらでご確認ください。

genkimurasakugi.or.jp

 

売店の隣には、屋外からも出入りができるトイレがあります。

f:id:momozin:20211020140623j:plain

洗面台が広くて、とても綺麗。

よって、夜の歯磨きはこちらにて。もちろん仕上げはお母さん。

なお、男性側の個室は和式1と洋式1で、洋式は温水洗浄便座付きです。

f:id:momozin:20211020140644j:plain

また、こちらは夜間も出入り可能。

次回ご紹介をするオートキャンプ場内のトイレの個室が和式なので、我が家はここまで遠征をしました(道中は懐中電灯必携です)。

f:id:momozin:20211020140610j:plain

トイレの前(屋外)には自動販売機があります。

f:id:momozin:20211020140706j:plain

その先、管理棟の横に廻ってみると、

f:id:momozin:20211020140826j:plain

コインランドリーを発見。洗濯¥200/回、乾燥¥100/30分。

f:id:momozin:20211020140837j:plain

ここから江の川の川岸に下りられます。

おっ、カヌーが置いてありますよ!明日はあれに乗るのかな?うっきー!

f:id:momozin:20211020140923j:plain  

 

管理棟の隣には、川に沿って「第一コテージ(5棟)」が並んでいます。

f:id:momozin:20211020140853j:plain

趣のある雰囲気ですが、「いろり庵」という名前らしく、なんと本当に囲炉裏があるようです。

f:id:momozin:20211020141123j:plain

囲炉裏で炉端焼き。川面を見ながら野外卓でBBQ。

老後はこんな家でひっそりと暮らしたいと思うくらい、すっごく好み!

こりゃあ、たまらん。

f:id:momozin:20211109202647p:plain

(出典:江の川カヌー公園さくぎ)

たまには我が家もこんなところに泊まってみたいものです。

そ・こ・で、

そんなあなたにスペシャルキャンペーン!

なんと現在三次市では、三次市内の宿泊施設に1人あたり2,000円割引で泊まれるという「お得に泊まろう!三次宿泊キャンペーン!」が開催されており、こちらもその対象施設なんですね。

だから、4人家族なら通常は「¥14,250(4名まで)」のところ、2022年1月31日までなら、なんと「¥6,250」で泊まれるようです。

土曜日以外でしたら、まだ空きはあるようなので是非!

blog.genkimurasakugi.or.jp

f:id:momozin:20211029132927p:plain

(出典:江の川カヌー公園さくぎ)

道路向かいに見えているのが、

f:id:momozin:20211020140938j:plain

入浴施設「くまみ湯」

正面入口の向い側ではありますが、オートキャンプ場から歩くのには少し距離があるので、我が家は車で移動をしました。

・営業:13:00~21:00/10月~6月、10:00~21:00/7月~9月の日祝・夏休み

・定休:火曜日、年末年始(GW、夏休み期間は無休)

・料金:¥350/中学生以上、¥150/小学生※小学生未満、コテージ宿泊者は無料。JAF割引は廃止されていました。

f:id:momozin:20211109223634j:image

2018年4月にオープンをしたという、まだ新しいお風呂で、こちらも良い雰囲気です。

「温泉」ではありませんし、サウナや露天風呂などはありませんが、我が家4人で¥1,000というのは有難い。

f:id:momozin:20211109223625j:image

お風呂以外に、シャワー室を利用することも出来ます。

管理棟前にはカヌーの艇庫があり、たくさんのカヌーが保管されていますが、

f:id:momozin:20211020141257j:plain

その横に、更衣室とシャワー室があります。

カヌーの後など、まずはこちらで砂などを流してから入ります。

f:id:momozin:20211020141337j:plain

シャワーはコイン式ではなく、管理棟の受付で料金の支払いをしてから利用します。

男女各2室。¥100/人、8:30~18:00。コインロッカー¥100/回。

f:id:momozin:20211020141324j:plain

このようにレベルが高い大小のコテージが計8棟。カヌースクールや水遊びゾーン。

そして、充実した売店やレストランにお風呂。レンタルも充実しています。

なかなかの高規格ぶりにも関わらず、オートキャンプ場のサイト料は電源付きで¥2,530/泊。

これでも値上げをされたようなんですけどね(^^)

 

次回はお楽しみ、キャンプサイトのご紹介をします。

      1 ・ 2 ・ 3