【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

のんびらんど うましま.2:施設紹介

 

今日の最高気温は33℃。

まだまだ暑い日が続きますがどうやらピークは越えたようで、もうすぐ待ちに待った秋のキャンプシーズンの到来です。

 

日差しは和らぎ、蚊やブヨが少なくなるなど、秋はアウトドアのベストシーズン。

キャンプ場の混雑のピークも超えているので、ゆっくりと過ごすことが出来ます。

 

紅葉狩りなどトレッキングが気持ちが良さそうですし、家族で美味しい味覚を使ったアウトドアクッキングも楽しそう。

それに、少し寒いくらいの夜の方が、焚き火も雰囲気が出ますよね🔥

 

ただ、今回のお話は去る8月1日のこと。

一部では40℃を超える、記録的な猛暑が続いていた頃です。

それも、ここは海抜わずか5m!

瀬戸内海に浮かぶ小島、山口県の馬島です。

 

同じ南の島でも、ブルックシールズと一緒なら元気が出ますけど、目の前を嬉々として走り廻っているのは9歳になった姫様と、もうすぐ6歳のボク。

 

これが現実なのよね~。

あぁ暑い、暑い…。

はいはい、すぐにタープを張りますよ~っ💦

 

前回の記事。

blog.hiroshima-camp.net

f:id:momozin:20201025105437j:plain

 

受付けを済ませたら、まずは日陰づくり。

我が家のサイトは、一番奥のNo.12です。

 

リヤカー引きも、もうひと踏ん張りじゃ!

f:id:momozin:20200810064953j:plain

f:id:momozin:20200820093812p:plain

(出典:のんびらんど うましま)

各サイトは4m角程度の緩やかな盛土がされており、U字溝の「野外炉」があります。

公式サイトには「1区画 約10m×10m」と表記されているので、この盛土周辺を含めて利用できるようです。

f:id:momozin:20200810065002j:plain

久し振りのアメドMと、捨てなくて良かった初期のタープ(サウザンポート※コーナンのPB)w

 

ところが、時期的なものもあってかアブがとても多かったので、このセレクトは失敗。

重くてもツールームテントを持って来るべきでした。

殺虫剤とハッカ油(ブヨ対策)もお忘れなく!

f:id:momozin:20200810065133j:plain

No.12から管理棟側に振り返る。

う~ん、とっても綺麗な芝生。

 

でも、ここに裸で寝転んでいた時に、ブヨに噛まれたんでしょうね🐝

いかんいかん(^^;)

f:id:momozin:20200810065011j:plain

もう少し右側を見ると炊事棟、その奥にはキャビンが見えます。

早速行ってみましょう!

f:id:momozin:20200810065701j:plain

 

 

右が炊事棟、奥が7棟あるキャビン。

 

1泊¥6,000(税別)と、非常に格安(エアコン利用は別途¥2,000)。

それも、IN11:00でOUT翌16:30と、テントサイトと同様に「のんびり」利用可能!

f:id:momozin:20200810065027j:plain

ギアの手運搬が必須の離島なので、このキャビンは人気がとても高いようです。

レンタルが充実しているので、気軽に「青い珊瑚礁」の体験が出来ますね!

メンバー次第ですけど…。

 

エリザベス・シュー(映画「カクテル」のジョーダン役)も良かったな~。

f:id:momozin:20200827163949j:plain

炊事棟にはスポンジや洗剤、ハンドソープなどが常備されていました。

また、燃えるゴミはこちらに捨てることが出来ます(無料)。

※自身で持ち込んだ缶やビンは、持ち帰りです。

f:id:momozin:20200810065040j:plain

生ゴミは、受付け時に渡されたこちらのバケツに入れて、チェックアウト時にそのままお返しします。

f:id:momozin:20200810070750j:plain

炊事棟からNo.12サイトを見る。

 

この日のテントサイト利用者は、我が家を含めて3組だけ。

実は、我が家の利用申込み後に、コロナウイルス第2波の対策として、再び新規申込みの受付けが中断されました(現在も残念ながら中断中)。

 

ちなみに通常なら、ピーク時のテントサイト利用者は半数(10組)程度とのことでした。

※人気のキャビンは満室。

f:id:momozin:20200810065050j:plain

 

 

次に、この橋を渡って、トイレと管理棟に行ってみましょう。

f:id:momozin:20200810065519j:plain

f:id:momozin:20200820093812p:plain

(出典:のんびらんど うましま)

男性用トイレ。

個室は、和式が2ヶ所で洋式が1ヶ所。

とても綺麗に清掃されています!

 

管理をされている若いご夫婦は炊事棟やトイレなど、いつもどこかの掃除をされていました。

お話をしても気さくで、とても気持ちが良い対応。

娘さんは、我が子たちと遊んでくれました(^^)/

f:id:momozin:20200810065102j:plain

シャワー室は、海水浴場(単水)と管理棟(温水)の2ヶ所にあります。

 

管理棟のシャワー室は、管理棟の裏側から出入りをします。

右側がシャワーで、左側がトイレ。

手前が男性用で、奥が女性用。

f:id:momozin:20200810065359j:plain

シャワーユニットは2基あり、脱衣スペースは共用。

もちろん、ここもとても綺麗!

また、脱衣が広いので、こどもと一緒でも着替えがしやすかったです。

 

■温水シャワー:¥200/3分

f:id:momozin:20200810065445j:plain

 

 

さぁ、お目当ての海水浴場にも行ってみましょう。

キャビン横の道を通って左に曲がると、三日月型の砂浜が見えました。

f:id:momozin:20200820093812p:plain

(出典:のんびらんど うましま)

f:id:momozin:20200810065804j:plain

潮通しが良い透明度の高い遠浅の海なので、こども達にはシュノーケリングがお勧めです🐟

干潮時に現れた広い磯での磯遊びも満喫w

f:id:momozin:20200810065919j:plain

こちらが利用無料の「休憩所」。

f:id:momozin:20200810070017j:plain

隣にある「トイレ・シャワー」は、コロナ対策のため利用停止中。

■単水シャワー:¥100/2分

f:id:momozin:20200810070028j:plain

キャンプ場に戻って。

テントサイトNo.10と12の間にある細い道から、「八重石の浜」に下りられます。

f:id:momozin:20200820093812p:plain

(出典:のんびらんど うましま)

f:id:momozin:20200810065624j:plain

「砂浜」ではなく、まさに「石浜」。

一面に、丸くて小さな石がびっしり。

f:id:momozin:20200810065629j:plain

天気の良い日には国東半島(大分県)まで見渡せるらしい夕陽のビュースポットですけど、我が子たちは石投げに夢中...。

投げる石には困りませんものね。

f:id:momozin:20200810072959j:plain

 

 

夕陽が沈んだら、満天の星空のもとで夕食タイム。

モヒートで乾杯!
f:id:momozin:20200810070112j:plain

実は、ここに来ることを想定して、ギアの軽量・コンパクト化を進めてきました。

 

blog.hiroshima-camp.net

 

その後、追加購入をした「ネイチャーハイクのコンパクトチェア」の2脚は間に合わず、ひとまずダイソーでw

いつものアルパインのチェアは、スチール製なので少し重いんですよね(^^;)

もう引退ですね。

 

 

翌日のお昼過ぎ。

干潮時にだけ陸続きになるという「刎島」に行ってみました。

海水浴場のトイレ・シャワー棟の裏側から、突き当りを右に。

 

えっと...、ここは行かなくても良かったかな(^^;)

f:id:momozin:20200810073019j:plain

結局、お言葉に甘えて「のんびり」しちゃって、チェックアウトの16:30ギリギリまで滞在w

大満足です!

 

でも、帰りの船が出るのは、1時間以上先の17:51なんですよね🚢

 

要害山展望台に登ったり、馬島八幡宮に行くのも良かったんですけど、私はもう動けません...。

そこで、馬島港手前の海岸に下りて、水浴びreturns

f:id:momozin:20200810071053j:plain

すっかり陽が傾いた馬島港。

f:id:momozin:20200810071114j:plain

定刻通りに着いた船に乗って、馬島にお別れです。

 

前回、私と同じ広島のキャンプブロガー「えびかに」さんから「ハードルが高そう」というコメントを頂きましたが、「荷物をコンパクトにすれば」問題ないと思います。

みなさん大丈夫ですよ!

 

のんびらんどサイコー👍

 

www.ebikani.co

 

1.車から降ろした荷物を船に載せる。

2.船から降ろした荷物をリヤカーに載せる。

3.リヤカーさえあれば、運搬は簡単(それなりに重いけど)。

帰りはこの逆。

f:id:momozin:20200810070308j:plain

海水浴場と夕陽以外に特に見るものはありませんが、それこそが小さな島の魅力。

夕陽が照らす穏やかな海に石を投げる我が子の後姿を、石の浜に座って眺める。

それだけで100点満点!

 

遠ざかる馬島を見ながら、誓いました。

I shall return

f:id:momozin:20200810071127j:plain

 

Fin

 

          ・ 

 

nonbiland-umashima.net