【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ.3:A・C・Dcamp

 

大盛、羽月、宇草、林。

前半は不振だった小園も復調し、1軍にカムバック。

 

一方、不調の投手陣では、育成高卒3年目の藤井黎來が1軍登板!

育成と言えば、ルーキーの木下が2軍でホームランを連発(現在ウエスタン3位の7本塁打!)。

 

低迷するカープにも、雨後の筍のごとく若手の野手が伸びて来ています。

 

■5年後のスタメン予想

 

1.ショート小園

2.センター大盛

3.キャッチャー坂倉

4.サード林

5.ライト西川

6.レフト宇草

7.ファースト木下

8.セカンド羽月

 

とっても楽しみだけど、全員左打ち(^^;)

 

10日後に迫ったドラフト会議。

投手中心の中にも、ぜひ右打ちのスラッガーが欲しいですね!

f:id:momozin:20201025105437j:plain

 

さぁ、今回は我が家には全く縁がない「グランピングサイト」のご紹介です。

 

A:「グランピングスタイル」

C:「セルフスタイル」

D:「ツリーグランピングスタイル」の3タイプ。

 

テントや環境、食事の有無などが異なり、それぞれとても拘りをもったキャンプシーンを演出しています。

 

お金持ちの暮らしを少し覗いてみたかったのですが、場内各所に「テント内の見学禁止」の看板がありましたので、取材は最小限にしています。

詳細は公式サイトでご確認くださいm(_ _)m

 

shiogama-campingvillage.jp

 

 

まずは、最も入口に近い場所にあるAcampサイト。

こちらはオーソドックスな「グランピングスタイル」。

 

シャワーキャビンの先を、赤矢印のように入ります。

オートサイトなので、車の進入・駐車も可能。

 

なお、オレンジ丸のところには小さな流し台(屋根なし)がありました。

f:id:momozin:20201006131430j:plain

入ってすぐ左側に、ドッグランがあります。

f:id:momozin:20201006131531j:plain

このキャンプ場で、このAcampサイトだけはペット可。

ただ、後述のティピー型テント内はペットの入室禁止です。

 

ペットはデッキ上ではリードでつなぐかケージを使用し、マナーベルトかトイレシートを使用しなければなりません。

なお、ペットと一緒に寝られる「ペット可のテントのレンタル」もあるようです。

f:id:momozin:20201006131542j:plain

右側(青丸)に、その「ティピー型テント」の6サイトがあります。

 

■Acamp(オート、常設ティピー型:アスガルド、2食付)6区画:¥20,000~33,000/泊(2名)+追加:大人¥8,000~13,000/人、小人¥6,000/人(定員5名)

 

我が家(夫婦+4歳~小学生がふたり)なら、1泊¥44,000。

気絶しそうです(*_*;

キャンプ...ですよね?

 

A camp グランピングサイト ティピー型テント(なっぷ公式)

f:id:momozin:20201006131510j:plain

電源、マット、寝袋、毛布、ローテーブル、ローチェア、ソファ、クッション、ランタン、電気ケトル、ファンヒーター、クーラーボックスを完備。

 

チェックインは15:00~17:00、アウトは9:00~11:00。

夕食(16:00~18:00)はガスコンロでBBQ(飲み物はなし。追加で食材の持込み可)。

朝食はテイクアウト。8:00~9:00に各自で「塩釜レストラン」に取りに行くようです。

f:id:momozin:20201010100608p:plain

(出典:ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ)

なお、以前はノースフェイスのツーメータードームが常設テントとして設置されていたようですが、老朽化のため2019年9月から現在のアスガルドに変更されたようです。

 

ノースフェイスのテントなんて、あるんですね。

恐る恐る値段を調べてみたら、およそ80万円。

6サイトで約500万円。

 

これが老朽化して取替えって...。

f:id:momozin:20201015133323p:plain

(出典:塩釜キャンピングヴィレッジ)

 

 

 

一方、広場を挟んで左側(緑丸)には、「ロッジ型テント」が6サイト。

 

Acamp(オート、常設ロッジ型:ウトガルド)2食付 6区画:¥19,000~32,000/泊(2名)+追加:大人¥7,000~12,000/人、小人¥6,000/人(定員4名)

 

こちらの方が¥1,000だけ安いんですね。

基本設備はティピー型のものとほぼ同じで、クーラーボックスが冷蔵庫にグレードUP!

いずれも、流し台は付いていません。

 

A camp グランピングサイト ロッジ型テント(なっぷ公式)

f:id:momozin:20201006131608j:plain

こちらはノルディスクのウトガルド。

f:id:momozin:20201006131618j:plain

奥(黄丸)は、炊事棟など。

f:id:momozin:20201006131629j:plain

どちらも、夜はとてもお洒落な感じになっていました。

f:id:momozin:20201006131640j:plain

f:id:momozin:20201006131648j:plain

次に、Ccampサイトに行ってみましょう。

 

ここは「塩釜堂」前の、①のところ。

ここから、この小道を通って、B、C、Dcampサイトに行くことができます。

f:id:momozin:20201006131805j:plain

f:id:momozin:20201015214953j:image

同じところからビオトープ側を見ると、こんな感じ。

少し荒れており、「蒜山高原キャンプ場」のものとは雰囲気が異なりますね。

f:id:momozin:20201006131750j:plain

※2019年9月14日訪問時の、蒜山高原キャンプ場内のビオトープ。

f:id:momozin:20200526155105p:plain

 

 

青矢印でBcamp、赤矢印でCcampに行けます。

f:id:momozin:20201016130019j:image

こちらがCcampサイト。

斜面に7つのデッキが造られ、常設テントが張られています。

テントはOGAWAのドームテントDX6。

 

■Ccamp(常設ドーム型)7区画:¥8,000~12,000/泊(2名)+追加:大人¥3,000~6,000/人、小人:¥2,000/人(定員4名)

 

我が家(夫婦+4歳~小学生がふたり)なら、1泊¥16,000。

 

C camp フリースタイルサイト(なっぷ公式)

f:id:momozin:20201006131902j:plain

「セルフスタイル」なので、常設テントとテーブルにイス2脚の他には、電源、電池式小型ランタン、寝袋とマットが人数分あるだけ。

 

これで¥16,000かぁ…。

f:id:momozin:20201006131945j:plain

車はグルッと廻って、No.5の横から進入可。

オートサイトではないので、荷下ろし後にはP1かP3駐車場へ移動が必要です。

f:id:momozin:20201006132155j:plain

階段状になっているので、景観と開放感は良さそうですね。

f:id:momozin:20201006132315j:plain

なお、Acampと同様に、以前はノースフェイスのテントだったようです。

こちらはジオドーム。

可愛いw

 

これなら少し高くても、一度は泊まってみたくなりますねw

中はどうなっているんでしょう?

f:id:momozin:20201015173619p:plain

(出典:ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ)

やはり流し台は付いていないので、トイレと共にBcampサイトのものを主に使用することになります。

f:id:momozin:20201006132139j:plain

 

 

ゴホン。

え~、お待たせしました。

本日のメインイベント、Dcampサイトのご紹介です。

 

何やら、UFOみたいな絵がありますよ!

f:id:momozin:20201015215850j:image

Ccampサイトを過ぎたところに、トイレと小さな流し台があります。

f:id:momozin:20201006132214j:plain

Dcampのトイレはこちらですね。

f:id:momozin:20201006132850j:plain

おおっ!

脇の階段を登ったところに、未確認設置物体を発見!

f:id:momozin:20201006132841j:plain

山の斜面に不時着したかのような、とても大きなテント。

こちらは「据え置きタイプ」。

 

 ■Dcamp(オート:ドムアップ、2食付)4区画:¥22,000~39,000/泊(2名)+追加:大人¥9,000~18,000/人、小人¥6,000/人(定員6名)

 

Dcamp ツリーグランピングスタイル:据え置き型(なっぷ公式)

f:id:momozin:20201006132934j:plain

隣にもうひとつ。

 

しかし、いくら2食付きとは言え、我が家(夫婦+4歳~小学生がふたり)が利用したら1泊¥51,000。

今回のように、もし3泊すれば¥153,000。

 

ところが大人気で、かなり予約が取りにくいようです。

確かに、折角ならAcampよりこちらに泊まってみたいですね。

f:id:momozin:20201006132950j:plain

 

 

でも、おそらく一生拝むことはない、この光景。

f:id:momozin:20201010111558p:plain

(出典:ひるぜん塩釜キャンピングヴィレッジ)

 

ちなみに、この「ドムアップ」テントは、いくらするのか調べてみたら、¥68,000?

税・設置・送料別ですが、これなら我が家の庭に付けてみようかな~w

ご興味のある方は、以下で詳細をご確認ください

 

earthdome.net

 

f:id:momozin:20201015215850j:plain

No.2を過ぎたところに専用駐車場があり、そこに食事スペースが設置されています。

横には流し台があります。

f:id:momozin:20201006132958j:plain

f:id:momozin:20201016182610j:plain

4つのサイトごとにテーブルが決められており、こちらで食事をとることができるようです。

f:id:momozin:20201006133006j:plain

f:id:momozin:20201006133846j:plain

Bcampサイトに下りられる階段。

f:id:momozin:20201006133858j:plain

No.3と4は、吊り下げ型。

 

Dcamp ツリーグランピングスタイル:吊り下げ型(なっぷ公式)

f:id:momozin:20201015220913j:image

据え置き型のハシゴが1.5mだったのに対して、こちらは3m!

まさに、UFOに乗り込む感じ!

f:id:momozin:20201016182356j:plain

おや⁉︎

この駐車場に隣接して、木製の遊具が見えます。

 

そう!あれが姫様とボクのお目当て、キッズアドベンチャーランドですね!

f:id:momozin:20201006133912j:plain

ピーン ポーン。

 

おっと、このドムアップテントの見積りをお願いしていた夢木香株式会社さんから、見積書が届いたようです。

設置が大変そうなので、10万円くらいにはなるのかな~?

女王様に許可してもらえるかな~?

 

次回には、我が家に設置されたドムアップテントがご紹介できるかもしれません。

お楽しみに👍

 

おしまい

 

      ・  ・  ・ 4