【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

インフレータブルマット

 

2017年5月7日(日)から1泊2日で、広島市西区にある「LECT」に行って来ました。

「LECT」は株式会社イズミが…って、違ーーう!

だいたい「1泊」って、どこにテントを張るのよ?


先月28日のオープン以来、物凄い賑わいだったようですね。みなさんも行かれましたか?

何と言っても、コールマンの直営店が広島に誕生しましたね。

さすが直営店です。
見たことがない商品があったり、ワクワク〜!

う〜ん、ここで働きたい!
夢の職場。

来春はレジャー要素満載のイオンが石内にオープンするらしいので、県西部は俄然盛り上がりますね。

あとはIKEAが待ち遠しい!


ーーーーーーーーーーカジツーーーーーーーーーー


2017年3月のある昼下がり、南米から荷物が届きました。
「ブラジルのみなさーん、届きましたよーーっ!」

ただ、箱が少し開いてる…。
怪しい…。

カーニバルの国だからって、ラフ過ぎるような…?

f:id:momozin:20170905001341j:image

やっぱり…。

不良品のため返品します。

f:id:momozin:20170905001402j:image

代わりに入っていたのは、こちら。

ウサギのマークで有名な「西松屋」。
ではなく、「ドッペルギャンガー」の「ウォッシャブルシーツエアマット」。

我が家の「今年購入した物シリーズ」第二弾です。

f:id:momozin:20170905001424j:image

「エアマット」というより、「インフレータブル(インフレーター)マット」。

すなわち、自動膨張式のマット。

f:id:momozin:20170905001741j:image

テントマットには、
「発泡マット(銀マット)」
「ウレタンマット(樹脂マット)」
「エアマット(空気給入マット)」
「インフレータブルマット」などがあります。

それぞれに一長一短があり、キャンプのスタイルに合わせて準備することになります。

我が家の場合、
・こどもが5歳と2歳のファミリーキャンプ。
・活動は4月中旬から10月初旬までで、冬キャンはしない。
・ある程度のデザイン性。
・寝心地と清潔感重視。

このような条件のもと、選んだのがこちらでした。

マットはポリエステル製ですが、コットン100%の専用シーツが付いています。

f:id:momozin:20170905001529j:image

ここが決め手。

と言うより奥様が「シーツが付いていたら嬉しい」とおっしゃるので、他の選択肢は即却下!

婦唱夫随。

f:id:momozin:20170905001658j:image

衛生的なうえ、サラサラの肌触りで寝心地good!


テントの下にグランドシート(ブルーシートなど)を敷いているとは言っても、それは湿気やテントの汚れ防止程度の話。

テントで寝るには、地熱や凸凹対策は必須です。

中で、こども達が遊んだりもしますしね(^^;;

f:id:momozin:20170905001603j:image

これまで我が家では、インナーマットの上に毛足の長い大きな毛布を敷いて寝ていましたが、家庭の洗濯機では洗えないので不便。
真っ白いので、汚れも気になります。

そこで2期生として登場したのが、今回のマット。


ーーーーーーーーーハツシキーーーーーーーーーー


リカちゃん、お昼寝ちょっと待って。

f:id:momozin:20170905001815j:image

まずは、インナーマットを敷き詰めます。

アルパインの「テントフロアマット270」。
厚さ4mmの発泡入りで、サイズは2,650×2,650。
値段は確か5,000円弱。

f:id:momozin:20170905001841j:image

その上に、今回購入したインフレータブルマット。

f:id:momozin:20170905001859j:image

広げると干物のようですが…、

f:id:momozin:20170905001912j:image

この「オートマチックエアバルブ」を開けると、自動的に給気されていき、

f:id:momozin:20170905001929j:image

しばらく放っておくとフワフワに。

その上に、四隅にあるバンドを本体に掛けて、付属のシーツを取り付けます。

f:id:momozin:20170905001948j:image

横幅は1,150mm。
4人なので、2枚購入。

2枚はボタンで連結しますし、裏面に施された滑り止め加工のお陰で、寝相が悪くても安心。

f:id:momozin:20170905002010j:image

この上にシュラフですが、
我が家の場合、どんなに寒くてもいつもチャックを全開にして、掛布団として使っています。

もちろん袋状の方が暖かいと思いますが、どうにも窮屈で(^^;;

収納バッグにバスタオルや着替えなどを入れると、イイ感じな枕に早替わり。

f:id:momozin:20170905002114j:image

スノーピークのテントに、
アルパインのインナーマットと、
ドッペルギャンガーのインフレーターマットを敷いて、
コールマンのシュラフを掛けて寝る。

万国博覧会のようですね。

でも、マットは2枚で約5cmの厚さがあるので、寝心地はとてもイイです!

撤収の手間は結構かかりますが、とても快適なのでオススメです。


◼︎ドッペルギャンガー ウォッシャブルシーツエアマット
1,150×1,920×45(収納時:直径250×560)、3.8kg
Amazonで¥6,281/枚(税込、送料無料)


おしまい