【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

新幕登場!

昨年、ウォータージャグを購入したところで、ほぼ完成形を成してきた我が家のキャンプシーン。

ところが2020年になり、新たな展開に。

 

先日、新幕を購入しました!

ツールームテントです(^_^;)

 

アメドM+タトンカ1TCの王道スタイル(?)から、流行りのツールームの世界に足を踏み入れた我が家。

個人的には「タープはオープン」に拘りたいのですが、幼少のこどもと一緒のファミリーキャンプでは、風と寒さと虫の対応策としてツールームテントは必然的な選択になりますもんね。

今後は、時期と場所とメンバーによって、使い分けをしていくことにします。

 

ーーーーーーシンボウ タマランーーーーーー

 

さて、仕事の繁忙期のピークの最中に取得した、久しぶりの休暇。

ユンケルを一気に飲みほした後、姫様とボクと私の3人で、近くの公園で試し張りをしてみました。

 

さすがにツールームテント。

どっしりとしています。

32×32×70cm、重さは16kg。

f:id:momozin:20200229225117j:image

アウターシート、インナーテント、アルミポールが4本、スチールペグが26本に自在金具付きのガイロープ14本。

f:id:momozin:20200229225120j:image

ポールの先端は2色。

シルバー2本がメイン(中央)で、ゴールド2本がフロントとリアポール。

このシンプルな色合いが気に入りました!

f:id:momozin:20200229225113j:image

アウターを広げてみると、さすがに長いw

f:id:momozin:20200229233053j:image

4本のポールをスリーブに通し、それぞれ両側のグロメットに挿し込む。

f:id:momozin:20200229233107j:image

そして、テント側のペグループ2ヶ所にペグ打ち(この反対側が正解です)。

もちろん、この人達の出番w

 

常々ふたりとも「早くキャンプに行きたいね」と言ってくれます。

もうすぐだよ♡

f:id:momozin:20200229233033j:image

赤丸の2ヶ所を止めて、矢印のように引っ張るだけ。

1本目(①)に少しだけ気を付けたら、後は自然に。

f:id:momozin:20200229233118j:image

反対側にズズズいっと引っ張って、

f:id:momozin:20200229233026p:image

反対側にもペグを打てば、ひとまず自立。

トンネルタイプの設営は、本当に簡単!

後は、両側の①〜④にもペグを打てば、ほぼ完成!

W 3,300×D6,600×H2,000。

正確には「トンネル」と言うより「オムライス型」w

f:id:momozin:20200229233139j:image

アウターシートは75Dポリエステルで耐水圧2,000mm。

DODのトンネルテント2の150D、耐水圧3,000mmには及びませんが、アメドと同じ一般的なレベル。

少なくとも我が家にはこれでじゅうぶんです。

f:id:momozin:20200316011501j:plain

ただ、付属のペグはスチール製。

重い割に曲がりやすいので、これは今日でサヨウナラ。

f:id:momozin:20200229233000j:image

おふたりは早速、走り廻っていらっしゃいます(^_^;)

強風でバタバタとしているのが、面白いらしい。

f:id:momozin:20200229233123p:image

スカートもマリリンモンローのようになっています。

イヤ〜ン。

f:id:momozin:20200229233110j:image

試し張りなので跳ね上げはしていませんが、トンネルテントらしくフロントと両側の2面、計5面のドア&キャノピーになる部分は全てメッシュ付きで、開放可能。

f:id:momozin:20200229233045j:image

f:id:momozin:20200229233047j:image

また、テント側にはとっても大きなベンチレーション。

外からの視線が気にならず、突然の降雨でも大丈夫な嬉しい形状。

夏場はずっとメッシュにしておきたいですもんね。

f:id:momozin:20200229233114p:image

ベンチレーションはリビング側にも2ヶ所。

f:id:momozin:20200229233029j:image

外側の様子。

f:id:momozin:20200229233120j:image

さて、テントの中に入ってみましょう。

身長117cmの年中さん。

実は、高さは2mもあるので、大人でも大丈夫です。

f:id:momozin:20200229233059p:image

グルキャンの時はインナーテントを付けずに、ひとまずこの状態で食事などをするのも良さそうですね。

f:id:momozin:20200229233131j:image

ただ、ランタンを掛ける為のフックやループは、インナーテントを掛けるこの1ヶ所にしかないみたい…。

f:id:momozin:20200229233014j:image

フロント側にもありません。

むむむ。

f:id:momozin:20200229233016j:image

せっかくなのでインナーテントも取り付けてみましょう。

吊り下げ式の組立ては初めてです。

初体験は、きっとレモンの味。

最初に引っ掛けるバックルだけ赤色になっているのが、とてもありがたい工夫ですね。

f:id:momozin:20200229233141j:image

足元の2ヶ所も引っ掛ける。

f:id:momozin:20200229233056j:image

これで合っているの?

f:id:momozin:20200229233041j:image

そして、出入口側のバックルも掛けていくと、

f:id:momozin:20200315214728j:image

完成です(たぶん)。

ちょっとだけ大人になれた気がする。

f:id:momozin:20200229233459j:image

オープン・ザ・インナーテント。

アウターをちゃんと張っていないのでシワシワですが、ご了承くださいm(_ _)m

f:id:momozin:20200229233019p:image

W3,000×D2,750×H1,800。

ただ、隅切りされているのでメーカー定員は4人。

f:id:momozin:20200229233003p:image

ベンチレーションは上下に2ヶ所。

f:id:momozin:20200229233134p:image

両サイドには小物入れのポケット。

f:id:momozin:20200229233050j:image

他に、ランタンループと電源コード取込口あり。

f:id:momozin:20200229233036p:image

一方、リビングスペースは、およそW3,300×D3,800×H2,000。

f:id:momozin:20200229233147p:image

W3,000×D 4,200×H1,950のカマボコテントより正方形に近い形状です。

f:id:momozin:20200229233127p:image

このリビングのレイアウトを考えるだけで、ワクワクがいっぱいw

 

でも、女王様が宮殿でお待ちなので、今日はそろそろ帰ろうかね。

f:id:momozin:20200229233810p:image

 

ーーーーーソウイエバーーーーーー

 

このベンチチェア。

「消費税増税前のポチ3連発」の第三弾でご紹介する予定だったものです。

f:id:momozin:20200229234258p:image

当初は「キャンプにパイプイスなんて」と思っていましたけど、こども達が横になることも出来ますし、ひっつきもっつきと大喜び!

f:id:momozin:20200229234304j:image

エンジョイキャンピングが第一!

買って良かったです。

小さなお子さんがいらっしゃれば是非!

 

眠いとき、少し具合が悪いとき、鼻血が出たときなどにも、本当に便利です。

YouTubeを見たり、ゲームをするときにも(ー ー;)

f:id:momozin:20200229234308j:image

 

私の仕事の繁忙期はもうすぐ終了し、新春と共にキャンプシーズンの到来です(^-^)/

4月2日から有給を取って3泊4日、島根県の某キャンプ場に初めて伺う予定にしています。

 

まだ肌寒いと思いますが、ツールームと一緒に買ったアルパカもあるので大丈夫でしょう。

 

 

えっ?

ところで、どこのブランドのテントかって?

f:id:momozin:20200316014947j:plain

 

休校中の宿題ですw

次回の更新をお楽しみに(^^)

ヒントは「安い」と「すぐに手に入る」w

 

おしまい