【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島近郊のキャンプ場やキャンプギアのご紹介など

最初に買う物〜その前に

 

初心者による、初心者のためのキャンプ入門講座。

少ない経験と拙い知識でお伝えします(^^;;

足りない、間違い、勘違いはご愛嬌?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まず最初に何をどこで買えばイイの?と聞かれます。

確かに、キャンプではいろいろな物が必要になります。

ただ、今後どのくらいキャンプをすることになるかも分からない時点では、迷いますよね。

ひとまず買い揃えたけど結局あまり行かなくなった、というのが一番勿体ないことですから、最初の判断が重要です!

キャンプギアは「買い替える」より、ひとまず「買い揃える」ことになりがちですし、1点で数万円になる物もあります。

家にある物をキャンプに持って行くことはあっても、キャンプギアを家で使うことはほとんどありません。

f:id:momozin:20170903180731j:image
(家で使わない代表格?)

 

そして、多くの方の場合、キャンプは季節限定。

さらに、こどもが中学生になるとなかなか一緒に行けなくなって、「ファミリーキャンプ」から「(お父さんひとりの)ソロキャンプ」に様変わりするというのが世の常なのです(;_;)

すると、「こんなに大きいのは要らなかった」とか…。

これらも想定しながら準備を進められたら、失敗は少なくなると思います。

 

ソロキャンプは考えられない我が家の場合、一昨日2歳になった息子は、いつまで私に付き合ってくれるのでしょうか(^^;;

案外、娘が!?

いやいや、過度な期待はすまい。

f:id:momozin:20170903181355j:image


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


実のところ、キャンプが継続するかどうかは、「ご主人のハマり具合にかかっている」と思います。

車のトランクに満載になった荷物の運搬、テントやタープの設営・撤収、火起こしから始末まで、体力的に女性ではしんどいところがあるのです。

小さいこどもがいれば尚のこと、
「奥様が子守り、ご主人が(ひとりで)設営」、
この構図が基本になることでしょう。

f:id:momozin:20170903181528j:image

〜あなたは炎天下で1時間、慣れないキャンプの設営がひとりで出来ますか?〜

準備や片付けもキャンプの楽しみのひとつ、と思えるならOK!どんどんギアを揃えていきましょう(^^)v

一方、「そういうのは苦手」って思われるなら、まずはデイキャンプを楽しむようにされた方が良いかもしれません。

キャンプに興味をお持ちで、今このブログをご覧のあなたなら、デイキャンプの必須ギアが無駄になることはないでしょうから(^_-)/

f:id:momozin:20170903181438j:image

あとは、キャンプ場はレンタルが充実しているところが多いので、それを利用してキャンプ体験をしてみるのもイイですし、コテージやトレーラーハウスなどでお泊まりしてみるのも良いでしょう。

f:id:momozin:20170903181706j:image

まずは、家族みんなが負担なく楽しめることが一番ですから(^o^)/

 

おしまい

 

ーーーー★おすすめ in マイギア★ーーーー

 

クーラーボックスも必須ですね。最初はここまで大きくなくても良いと思います。

ただ、保冷性能は大事なので、そこはよくチェックしてみてください。