【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

 

ドルフィンファームオートキャンプ場⑵

元気にジャンプするイルカちゃん。

時々可愛い声で鳴いたりもするんですけど、鳴き声は意外に異なります。

「クワゥ、クククク、クゥ」

「ピューゥ、クーーゥ」

個体で異なるのか、気分で違ってくるのかは分かりませんが、数パターンの声が聞こえてきます。

f:id:momozin:20190518080154j:plain

「パパーーーッ、お姉ちゃんがお菓子をくれーーーん!」

「お父さーーん、〇〇(ボク)が蹴ったーーーっ!」

すぐ近くからも泣き声がキャンプ場に響き渡っていました。

f:id:momozin:20190518064044j:plain

 

--------イルカハイルカ?--------

 

ここ「ドルフィンファームしまなみ」は、2016年4月17日にオープンした日本最大の、イルカのふれあい施設。

しまなみ海道でキャンプ・観光なら|ドルフィンファームしまなみ

 

「ドルフィンファームオートキャンプ場」はこの中にあるので、キャンプ場利用者はイルカには自由に会いに行くことができます(但し、夜間は浮き桟橋の出入口が施錠されると思います)。

f:id:momozin:20190518071326j:plain

キャンプの利用者は前回ご紹介の通り、キャンプの出入口から出入りができるのですが、それ以外の方はこちらでの受付が必要になります。

入場料は大人(中学生以上)が¥500、小人(4歳~小学生)は¥400。

f:id:momozin:20190518064359j:plain

受付を済ませたら、赤矢印のように事務所横を通って入場。

※車いすやベビーカーなどは、上図の黄丸を通行可。

f:id:momozin:20190518064632j:plain

中に入ると、こんな感じ。

f:id:momozin:20190518064810j:plain

目前には綺麗なビーチが広がっています(遊泳は禁止)。

f:id:momozin:20190518065107j:plain

海はとても綺麗。

さすがイルカが住むビーチです。

f:id:momozin:20190518065141j:plain

そして、浮き桟橋からイルカと触れ合うことができます。

f:id:momozin:20190518063600j:plain

なんと、すぐ近くまで来てくれます。

f:id:momozin:20190518063653j:plain

全部で10頭くらいがいるようです。

f:id:momozin:20190518080334j:plain

イルカ体験をされている様子を見ているだけでも楽しい!

f:id:momozin:20190518063757j:plain

体験コースは2種類。

タッチや餌をあげたりできる「ふれあい体験(レクチャー10分、体験20分)」と、背びれにつかまって一緒に泳ぐこともできる「スイム体験(レクチャー20分、体験40分)」。

f:id:momozin:20190518063821j:plain

せっかくなら一緒に泳ぐ「スイム体験」がしてみたい。

7歳でお転婆な姫様はきっと大喜びするでしょうけど、父親似で小心者のボク(4歳)はまだ難しいかと思って今回は断念。

男らしくなった(はずの)来年は、ぜひ参加してみようと思います。

父ちゃん早速、500円貯金を開始!

f:id:momozin:20190518064254j:plain

体験前のレクチャー。これだけでも楽しそうでした。

f:id:momozin:20190518064950j:plain

一方、イルカビーチの反対側の波止では、釣りをされている方も。

足元も良いし混雑もしないので、ファミリーフィッシングには良さそうですね。

次回は釣りもしてみよう!

f:id:momozin:20190518064200j:plain

 

--------ソトノセカイ--------

 

次に、隣接する「伯方S.C.パーク」などをご紹介しましょう。

受付横には、かき氷や軽食のお店。

f:id:momozin:20190518071641j:plain

こちらの人工ビーチ(海水浴場)では遊泳ができるので、これからの季節はこのお店も大繁盛するのでしょうね。

姫様とボクは5月2日にも関わらず、かき氷を食べていましたけど(^^;

f:id:momozin:20190518072358j:plain

シャワー棟。

f:id:momozin:20190518071710j:plain

ここは海水浴やサイクリングの方向けのようです。

中を見ていないのですが、おそらく無料で、単水でしょう。

シャンプーや石鹸等を使用しないように、という注意書きがありました。

f:id:momozin:20190518071823j:plain

その隣にトイレ。

キャンプ場の利用者もこのトイレを使うことになります。

f:id:momozin:20190518071756j:plain

f:id:momozin:20190518071911j:plain

洋式便器もありました。

f:id:momozin:20190518071847j:plain

敷地外にあるこのトイレにキャンプ場から行くには、下図の赤矢印の通り、キャンプ場の出入口を通って行き来をすることになります。

結構な距離があるうえに、こども達だけで一般道の方に出る訳にはいかないので、いつも付き添いが必要になります。

グランピングサイトに仮設トイレが設置してあったのは、この為ですね。

 

「お父さんと一緒にトイレに行くひとーーっ!」と、号令を何度掛けたことやらw

ぜひキャンプ場の近くにトイレを造って欲しいですね。

f:id:momozin:20190606110820j:plain

では、再び「伯方S.C.パーク」のご紹介。

ビーチの向こうに見えています。お散歩にちょうどイイ。

f:id:momozin:20190518071611j:plain

サイクリングの方が大勢。ここはいつも賑わっていますね。

女王様は今回も大量のレモンを購入されていました。

道の駅 伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた

f:id:momozin:20190518072459j:plain

イルカを見て、散歩して、それだけで2泊3日を過ごしたのか?

いや、そうなんですよね。

大人なら楽しめる「のんびり」も、こどもには通用しません(少なくても我が子たちには)。

私もどうしようかと思っていました。

次回は、ファミキャンに必須の周辺観光などのご紹介をします。

 

ところで今、タープのガイロープをパラコードに買い替えようと思っているんですけど、色が決まらない。

反射材入りにするかどうかも決まらない。

タープはタトンカ1TC、ポールは黒。

悩み続けて早や2週間。

さて、答えは如何に?

 

おしまい