【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

憩いの森公園キャンプ場⑴

 

2018年6月16日(土)から1泊で、東広島市西条町にある「憩いの森公園キャンプ場」に行って来ました。

 

こちらは、東広島市街地から近いという立地の良さと大きな遊具から、よくご存知のファミリーキャンパーさんも多い事でしょう。

中には、私のように

「1泊¥4,800って、ちょっと高いよね」って、二の足を踏んでいたと言う方も?

そこで、¥1,000!と安い林間サイトの調査を兼ねて、行って参りました。

 

山陽道を志和ICで降りて西条バイパスを経由、下見街道かブールバールを西条駅方向へ。

何と言っても、東広島市役所から車で10分で行けるというキャンプ場なので、スーパーなどには困りません。

 

ここが公園入口のゲート。

17時に閉まるので、公園に遊びに来られた方は、それまでに退園しなければいけません。

一方、キャンプ場の利用者は21時まで通行可。

都度、係員の方に開けていただくようです。

f:id:momozin:20180618063030j:plain

少し登った先に大きな駐車場と管理棟があり、

f:id:momozin:20180618063111j:plain

ここで受付です。

憩いの森公園キャンプ場

f:id:momozin:20180618173742j:plain

チェックインの受付時間は9:00〜17:00で、チェックアウトはインから24時間以内。

利用者にはとても便利な利用時間のシステムですね!

 

オートキャンプ場の利用料金は、1泊¥3,700。

住所地と勤務先がいずれも東広島市外の方は、これから3割増。

すなわち、¥4,810!

市外者にとっては「大鬼谷」や「備北(入場料含)」と同等の、最高値クラスになってしまうのが悲しいところ。

 

予約はちょうど3ヶ月前からの受付開始で、サイト指定可。

初めてのキャンプ場だし、オートと林間共に空きがあるとのことだったので、サイトは実際に見てから決めさせていただくことにしました。

f:id:momozin:20180618063156j:plain

受付でキャンプ場への車両乗入証を受け取り、いよいよキャンプ場へ。

 

またゲートがあります。

通過する時は係員の方が開閉をしてくださいます。

しっかりセキュリティの管理をされているので、安心ですね。

f:id:momozin:20180618063344j:plain

黒い矢印のように入って来て、黒丸の管理棟で受付。

赤丸のゲートを開けてもらって、赤い矢印のように移動します。

f:id:momozin:20180618063505j:plain

道路を挟んでオートサイトが計20区画。

f:id:momozin:20180618063631j:plain

偶数番号サイトが西側で、奥には木々や小川があります。

f:id:momozin:20180618063715j:plain

奇数番号サイトは背面が森になっているうえに法面があるので、少し狭く感じるかもしれません。

f:id:momozin:20180618063754j:plain

どこもほぼ10m角で、サイト内に木が立っている区画もあり、テントやタープの張り方が制限される所もあります。

 

また、流しと電源、カマド付きですが、流しには照明器具も付いていました。

嬉しい配慮ですね。

f:id:momozin:20180618063919j:plain

受付からは一番奥、坂の一番下になる黄丸の所に炊事棟とシャワー・トイレ棟がありますが、やはりこの近くが人気のようで、10番くらいまではすでに利用されていました。

f:id:momozin:20180618065227j:plain

我が家は16番サイトをチョイス。

f:id:momozin:20180618073641j:plain

ここがシャワー・トイレ棟。

f:id:momozin:20180618064305j:plain

なかなかカッコいい。

手前側が男性用、奥側が女性用、中央部には障がい者用のトイレやシャワー室があります。

f:id:momozin:20180618065056j:plain

広くてキレイだし、洋式便器もあります。

f:id:momozin:20180618064402j:plain

そして、隣接してシャワーユニットが男女別に4基ずつもあります。

f:id:momozin:20180618064440j:plain

3分で100円。

f:id:momozin:20180618064508j:plain

「娘さんと一緒に入れるよ」と勧められたのが、こちらのシャワー。

もちろん本来は親子と言うより、障がい者用。

f:id:momozin:20180618064557j:plain

 

ーーーーーーーーーリンカンーーーーーーーーー

 

さて、気になるのは情報が少ない「林間キャンプ場」の方。

 

こちらの利用料金はオートの4分の1程度になる、1泊¥1,050。

ここなら市外者でも¥1,360だから、かなり使い易い!

大きな期待を胸に取材へ。

f:id:momozin:20180618074019j:plain

歩いてなら、白い矢印のようにオートの20番の横からも行けますが、車はシャワー・トイレ棟付近の駐車場(黄丸)に駐めて、

f:id:momozin:20180618074200j:plain

炊事棟の横から入ります。


トイレと同様にとても広くて綺麗だし、自動販売機があるのでオートキャンプ場の利用者も助かります(ただ、公園側を含め酒類の自動販売機はありません)。

f:id:momozin:20180618074227j:plain

左の青いテントがおそらく6番で、右奥のテントが8番だと思います。

f:id:momozin:20180618074311j:plain

自動車は一時進入も出来ないので、荷物は先程の駐車場から運ぶことになります。

また、オートキャンプ場側とは高低差があるので、往き来は出来そうにもありません。

f:id:momozin:20180618074345j:plain

各区画に3m角くらいのテントを張るスペースとベンチセットがありますが、とても狭いうえにお隣とかなり接近しています。

f:id:momozin:20180618074538j:plain

何より、

「林間だから木陰があって気持ちがイイ」と言うより、鬱蒼とした立ち寄り難い雰囲気。

f:id:momozin:20180618074802j:plain

それに外灯が全くないので、夜は真っ暗。

公園の中だと言うのに、サバイバル感が満載。

f:id:momozin:20180618074610j:plain

オートキャンプ場の前面道路は舗装されていますが、こちらは起伏や段差がある自然の道なので、夜にトイレに行く際などは注意が必要でしょうね。

f:id:momozin:20180618074634j:plain

ただ、前述の通りサイト指定が出来るので、3番、6番、8番くらいがとれたら、チャレンジしてみても良いかもしれませんね。

 

実は、21区画の中で3番と10番は常設テントサイト(1泊¥4,830)。

とても広い木製デッキサイトになっているのですが、テントが設営されるのは7月~9月だけで、その他の期間はなんと他と同料金。

通常期なら、ここが狙い目ですね。

 

ーーーーーーーオマケジョウホウーーーーーーー

 

管理棟とキャンプ場をつなぐ近道があります。

f:id:momozin:20180619182010j:plain

こちらが緑丸の所。

f:id:momozin:20180618074724j:plain

階段を下りて、

f:id:momozin:20180618074857j:plain

川渡り。

石の上は滑りますので、小さなお子さんにはご注意ください。 

f:id:momozin:20180619223200j:plain

 

次回はデイキャンプ場やこども広場など、その他の施設のご紹介をします。

 

おしまい