【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

ペトロマックスHK500

 

カープは今夜もまた逆転サヨナラ勝ちですか。

今年も神ってますね~!(^^)!

我が家では先月末、カープ観戦に行って来ました。

ヤクルト戦でもないのにマツダスタジアムには傘がいっぱい。

なんと、マツダスタジアム開場10周年の「傘まつり」でした。

あれからもう10年も経つんですね。

そう、私たちの結婚からも。

f:id:momozin:20180530161007j:plain

今から10年前ではなく、約1年前のある日のこと。

我が家に新メンバーがやって来ました。

f:id:momozin:20180530161035j:plain

念願のこの方!

そう、ペトロマックスHK500(¥26,000/税抜)。

言わずと知れた、1910年にドイツで創業された老舗ブランドを代表する、圧力式灯油ランタン。

Petromax HK500(ニッケル) [並行輸入品]

f:id:momozin:20180530161055j:plain

早速、こども達のおもちゃに…。

お願いだから優しくしてね(^^;)

f:id:momozin:20180530161126j:plain

何処もピカピカでとても綺麗!

とっても単純だけど、それが第一印象。

やっぱりニッケルにして良かった。

 

「ブラス(金色)」とどちらにしようか、

「トップリフレクター」を付けるか否か。

この2点は少し迷ったんですよね。

Petromax HK500用トップリフレクター(ニッケル)[日本正規品]

f:id:momozin:20180530161145j:plain

あちらこちらにブランド名が刻印されていて、

「おお、本物が我が家に届いたんだ」

と改めて実感させられる。

f:id:momozin:20180530161203j:plain

f:id:momozin:20180530161220j:plain

f:id:momozin:20180530161239j:plain

f:id:momozin:20180530161301j:plain

ホヤガラスはSCHOTT製!

さすが世界の一流品ですね。

f:id:momozin:20180530161324j:plain

こちらが付属のパンフレットと、

f:id:momozin:20180530161427j:plain

アルコールコンテナとジョーゴにパーツセット(スパナ、ニードル、ニップルなど)。

マントルも付属されていました。

サンキューーーッ!

いや、ダンケ!

f:id:momozin:20180530161452j:plain

 

ーーーーーーーーケースーーーーーーーーー

 

ランタン本体と一緒にケースも買いました。

ペトロマックスHK500専用木製ケース(¥8,500/税抜)。

Petromax 木製ケース HK500用 【日本正規品】

ドイツでは子の代、孫の代と代々受け継がれて利用されているようなので、真似が出来るように木製のハードケースを購入。

私も大切に使って、息子に授けよう。

 

開け方が面白い。

出前のラーメンを思い出しますね。

f:id:momozin:20180530161524j:plain

本体はこれでガッチリ固定。

f:id:momozin:20180530161643j:plain

上部には小物入れがあるので、予備のマントルやジョーゴ、ガストーチなどを入れておくのに便利。

キャンプの想い出もしまっておこう。

f:id:momozin:20180530161727j:plain

いつもギューギュー詰めになる車のトランクでも、これで安心ですね。

 

ーーーーーーーネンリョウーーーーーーーー

 

そして、一緒に買った物がもうひとつ。

トランギア フューエルボトル(1L)(¥3,000/税抜)。

Trangia フューエルボトル 1.0L 【日本正規品】

 

こちらは1925年にスウェーデンで創業されたストームクッカーで有名な調理機器ブランド。

ボトルに書いてある事はサッパリ分かりませんが、妻以来のひと目惚れ。

ただ、今はもっと素敵なオリーブカラーも出ています。

ひと目惚れって、危険。

「あせってはいけませんね」

誰にも言えない10年目のひとりごと。

f:id:momozin:20180530161745j:plain

先端の赤いツマミを回して緩めた後、押し下げればノズルから灯油が出てくる仕組み。

f:id:momozin:20180530161802j:plain

Trangia フューエルボトル 1.0L 【日本正規品】

 

ーーーーーーーーテストーーーーーーーーー

 

それでは、初めての着火テスト。

外国人がYouTubeにアップしてくれている着火作業を何度も見たから、きっと大丈夫でしょう。

 

まずは、圧力計付き注油口キャップを外し、付属のジョーゴでタンクの7部目を超えないように灯油を注ぐ。

入れ過ぎると圧力がかかり難くなり、少な過ぎると炎が不安定になるらしいのですが、そもそも、どれだけ入っているのかが分かりません。

メーターのような物はないし、覗いても見えないから、2回目以降の給油は勘に頼るしかない。

f:id:momozin:20180606211918j:plain

給油が出来たら、ヘッドカバーとインナーチムニーを外し、マントルを装着。

ちょっと分解するだけでドキドキしますね~。

f:id:momozin:20180530161823j:plain

マントルもペトロマックス製品。

さすがに大きいわ〜。

 

そう言えばこの陶器製のノズルですけど、使用数ヶ月で固定部分が緩んでしまい落下。

粉々に壊れてしまいました。

よって、今はステンレスノズルに交換しています。

ぜひお気を付けください。

Petromax ステンレスノズル HK500用

f:id:momozin:20180530161839j:plain

さて次はもちろん、マントルのカラ焼き。

これがなかなか豪快w

 

グリップホイールの矢印をを上向き(「閉」の状態)にして、圧力調整スクリューと予熱バーナーが閉まっている事を確認してから、

f:id:momozin:20180530161931j:plain

ポンプのロックを外して、ポンピング。

これが大変だと言う話もありますが、むしろ楽しいひと時♪

ホップ、ステップ、ジャンピングーーーッ

f:id:momozin:20180530161945j:plain

プコプコプコ。

圧力計の針が赤線まで来たらOK!

子ども達が「私もやるーーー」ってやって来たらNO!

f:id:momozin:20180530162005j:plain

予熱バーナーのレバーを下げると霧状のガスが噴き出すので、すかさずフレームチューブの根元の着火口に小型のガストーチを近づけて、カチッ!

 

すると、ゴーーーーーーーーーッと着火した炎がすごい勢いで噴出!

みるみるうちにタンクの圧力が低下するので、追加のポンピング。

f:id:momozin:20180607233647j:plain

青春時代の恋愛のように激しいマントルのカラ焼きが終われば、次はプレヒート。

同じ手順で再び点火させて、ホヤの中を温めます。

燃焼時間の目安は、約90秒。

しっかり温めたうえで、グリップホイールの矢印が下になるようにゆっくり回せば、

f:id:momozin:20180530162021j:plain

コーーーーーーーッと音をたてて、マントルに無事着火。

これで安心して予熱バーナーのレバーを下げます。

さらにポンピングをして、圧力を適正にしたら全ての作業が完了。

f:id:momozin:20180607233757j:plain

中国製のバタフライランタンでは炎上することもあるようですが、ペトロマックスなら点火は難しいものではありません。

バタフライ 加圧式石油ランタン 500CP

 

ちなみに、圧力計の横に付いている圧力調整スクリューを反時計回りに回すとタンクの圧力が抜けて、自然に消火します。

f:id:momozin:20180607233904j:plain

実に絵になるランタン。ペトロマックスHK500。

f:id:momozin:20180530162106j:plain

400wもの照度があるので、メインランタンとしてバッチリ。

また、燃料の灯油は、ガスやガソリンに比べて安価かつ入手や保存が容易なところも嬉しい。

f:id:momozin:20180607234003j:plain

ペトロマックス。イイですね。

次は、ファイヤーアンカーやファイヤーボウルが欲しいと思っているんですけど、10年前にひと目惚れしたあの子は、何て言うでしょうかね?

Petromax 焚き火台 ファイヤーアンカー

Petromax 焚き火台 ファイヤーボウル fs-48

 

今、ゴーーーーーーーーーッって言いながら、2階で寝てますけど(^^;)

 

おしまい

 

〈参照〉 ※外部リンク

㈱スター商事(ペトロマックス輸入販売店)

イワタニ・プリムス㈱)(トランギア輸入販売店)