【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

ハイヅカ湖畔の森キャンプ場⑶

 

我が家ではお出掛けをする時、みんなの服装に少しだけ共通点を作るようにしています。

色調が中心ですが、柄や素材などでも。

 

その中で、私とボクのふたりには確立されたひとつのパターンがあります。

真白いシャツにジーパン。

そう、吉田栄作バージョンです。

 

先日、いつものように栄作バージョンに身を包んだ私は、自分のある異変に気が付きました。

全身鏡に映る私は、

「大川栄作?」

「佐藤B作?」

 

もはやアルファベットの問題ではありません。

時の流れとは無情なものですね。

私にも復活の日が訪れるのでしょうか?

 

ーーーーーーフィニッシュデスーーーーーー

 

テント類の設営がひと段落すれば、休む暇なくバトミントンや野球、サッカーなど、お子さま達のご機嫌をとることが肝要です。

飽きてこられたら、次は周辺散策に出発です。

 

「ハイヅカ湖畔の森」なんですから、まずは「灰塚ダム」から。

f:id:momozin:20180512095302j:plain

ぽっこりお腹のためにウォーキングをすれば良さそうですが、「9km」って覚悟が要りそう…。

 

f:id:momozin:20180518174730j:plain

結局、寄っちゃうのはこんな所。

チーズ工房「三良坂フロマージュ」。

■定休日/日曜日 ■営業時間/10:00~原則17:00

f:id:momozin:20180508232351j:plain

f:id:momozin:20180508232539j:plain

色んなチーズがあってどれも美味しそうだし、選ぶのが楽しい!

キャンプの夜をワインとチーズで過ごすのも、きっと素敵でしょうね。

グランピング~♪

ぜひ、クーラーバック持参で!

f:id:momozin:20180508232625j:plain

割とあっさりとした「山羊のソフトクリーム」を食べたら、山羊さんにお礼に行こう!

我が家の姫様は小さい頃から動物に抵抗がなかったけど、ボクは怖がり。

でも、だいぶ慣れて来ました。

これもキャンプのお蔭かな?

f:id:momozin:20180508232505j:plain

キャンプ場から灰塚ダムを経て、こちらは赤ポチの所。

交差点にある小さな看板を目印に。

※祝日は営業をされますが、日曜日が休業日なのでお気を付けください。

 

この先、庄原市中心部へ向かいます。

f:id:momozin:20180512094830j:plain

車で10分くらいで、こちら「かんぽの郷 庄原」。

f:id:momozin:20180508223216j:plain

ここは62室のお部屋の他、会議室や宴会場、レストランなどを備えた温泉ホテル。

f:id:momozin:20180508223530j:plain

f:id:momozin:20180508223458j:plain

14種の浴槽があるお風呂は、加水なしの天然温泉。

もちろん日帰り入浴も可。

f:id:momozin:20180522210545j:plain

日帰りの入浴時間は11:00〜20:00(GW、お盆、年末年始は18:00まで)。

我が家が伺ったのは、4月29日。

「18:00まで」を想定して16:00過ぎに着きましたが、翌日共に「通常営業」でした。

■入浴料/12歳以上¥650、小学生¥320。

 

シャンプー類完備。ミストサウナ、露天風呂あり。

f:id:momozin:20180522210746j:plain

f:id:momozin:20180522210817j:plain

(上2枚:かんぽの郷 庄原ホームページより)

 

ーーーーーーーーヨクアサーーーーーーーー

 

さて、今日は何処に行こうか?

f:id:momozin:20180512094947j:plain

三良坂と言ったら昨日の「三良坂フロマージュ」と、ここ。

「麦麦」のパン、でしょう!

 

三次ワイナリー隣の「トレッタみよし」にある「green mugimugi」の他に、我が家からも近い、広島市佐伯区石内の「石内ぺノン」にも「ANT BAKERY by mugimugi」を出店されている人気のパン屋さん「麦麦」の本店は、ここ三良坂町の中心部(黄色丸のところ)にあります。

スーパー「Aコープみらさか店」の道路向かい。

とても小さな店内ですが、パンのお味はバツグン!

有名店にも関わらず試食も積極的なので、ついついたくさん買っちゃいますねw

とてもお勧めです!

f:id:momozin:20180508225045j:plain

 

「絵画」にも関心が高い、我が家のお姫様。

すぐ近くにある「三良坂平和美術館」にも行ってみました。

この時は、呉市在住の星加哲男先生の「花」の絵だけを40点集めた「花を描く展」が開催されており、 凛とした佇まいのお花たちに春の到来を感じます。

とても清々しいひと時を過ごせました。

 

■入館料/一般¥400、65歳以上¥300、高校生¥200、中学生以下無料

f:id:momozin:20180508225205j:plain

 

さて、お昼ご飯は?

お腹ペコペコ病になった、御年50のお父さん。

大好きなバイキングを求めて、三次ワイナリー隣の「トレッタみよし」に。

■営業時間/9:00~17:00 ■定休日/第2水曜日、12月30日~1月4日

 

いっや~、それにしても大混雑。

年配の方から小さなお子さんまで、世代を超えたファミリーがたっくさん!

キャンプのなか日に私は何故ここに来た?

バイキングレストランへの入店は、かなりの待ち時間が必要そうです。

f:id:momozin:20180508223659j:plain

見るもの買うものはたくさんあるので、退屈はしない。

前述の通り、ここにも「麦麦」のお店があります。

ただ、今はバイキング前。ここはじっと我慢の為五郎。

f:id:momozin:20180508223733j:plain

1時間以上待って、やっと順番が。

いや、でも待ったかいがありましたよ。

自然素材を活かした和洋中のお料理がとても美味しかったです!

 

■受付時間/11:00~14:30 ■時間制限/(平日)60分、(土日祝)45分

■料金/中学生以上¥1,080、小学生¥756、5・4歳¥324、3歳以下はおとな1人につき2名まで無料

f:id:momozin:20180523231232j:plain

(トレッタみよしホームページより)

 

遅い昼食後、お隣にある「みよし森のポッケ」に。

f:id:momozin:20180508223814j:plain

ここは、小学6年生までのこどもを対象にした室内遊び場。

f:id:momozin:20180516145953j:plain

入口に設置された券売機で、利用券を購入。

70分の総入替制で、定員あり。

 

■開館時間/9:30~16:40(全5クール) ■利用料金/1クールひとり¥200(同伴のおとなも同料金) ■休館日/水曜日、年末年始他

f:id:momozin:20180508224013j:plain

1階は滑り台など、大型遊具の遊び場(対象年齢/3歳~6歳)。

f:id:momozin:20180508224055j:plain

流行りのボルダリングも。

f:id:momozin:20180508224326j:plain

f:id:momozin:20180508224128j:plain

天井に届くまで作ってみました。

f:id:momozin:20180508224347j:plain

2階は、「対象年齢2歳まで」のエリアと「小学6年生まで」のエリアに分かれています。

小さなお子さんも安心して遊べますね!

こちらが「2歳まで」のエリア。

f:id:momozin:20180524232004j:plain

以下すべて、全員が対象のエリア。

f:id:momozin:20180508224449j:plain

ビー玉ボーリング。

f:id:momozin:20180508224756j:plain

定番のお店屋さんも充実しています。

f:id:momozin:20180508224528j:plain

f:id:momozin:20180508224635j:plain

これはぜひ実際にやってみてください。

f:id:momozin:20180508224724j:plain

70分という時間が、腹八分って感じでちょうどイイ。

子ども達に「時間だから帰ろう」と自然に言えるのも助かりますw

 

周辺散策と共にいろいろと楽しかった「ハイヅカ」ですが、特に良い体験になったのは、チェックアウトの時に教えていただいたポイントでの「ワラビ採り」。

実は、車の登り口の道路向かい。階段を少しだけ登ったところ。

f:id:momozin:20180508233021j:plain

童心に返って探しました。

そう言えば私が小さい頃、おばあちゃんと採りに行ったなぁ。

f:id:momozin:20180508233051j:plain

 

おしまい

 

≪参照≫ ※外部リンク

・灰塚ダム(国土交通省 中国地方整備局)

・チーズ工房 三良坂フロマージュ

・かんぽの郷 庄原

・mugi mugi パン工房

・三良坂平和美術館

・トレッタみよし

・みよし森のポッケ