【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

羽高湖森林公園キャンプ場⑶

 

「うどんが主食」さんのクチコミが、利益供与に関係しているのか否かが、話題になっていましたね。

確かにクチコミって参考にするので、そんな関係が起きても不思議ではありません。

キャンプ場やグッズの紹介をしている私にも、そんな話が来ませんかね?


「次回は、うちのキャンプ場の紹介を良しなに頼みますよ、お代官様」

「わしに何か良いことがあるのかのぅ?」

「へい!サイト料無料で、プリンをプレゼントさせていただきます。お姫様がお好きだとか?」

「ほほぅ、おぬしもワルよのぅ、三河屋」

「へっへっへ、お代官様ほどでは」

「よしよし。三河屋キャンプ場は綺麗で素晴らしいです!

これで良いかの?」

「いよっ、大統領!」


う〜ん、小出さんの話と違って、Win–Winの関係でイイじゃないですか!

求む!悪魔の誘惑♡


ーーーーーーーーーータイホーーーーーーーーーー


何の誘惑もないけど、とても美しいキャンプ場、

羽高湖森林公園キャンプ場。

f:id:momozin:20170820214242j:image

後半は、④の第1キャンプ場からスタートです。

f:id:momozin:20170820214303j:image

結構な傾斜ですが、とても広いスペースに、炊事場とカマド、トイレ、東屋、遊具があります。

f:id:momozin:20170820214331j:image

遊具は「第2」と同様に、ブランコと滑り台。

f:id:momozin:20170820214349j:image

写真では明るく綺麗に見えますが、「第1キャンプ場」は全体的に「鬱蒼」とした雰囲気で、遊具も使いにくい感じがしました。

「お代官様、手厳しい…。」

f:id:momozin:20170820214409j:image

右奥に炊事場とカマド。

f:id:momozin:20170820214430j:image

炊事場は、「第2の屋外」とほぼ同じ「青空炊事場」。

f:id:momozin:20170820214453j:image

こちらがトイレ…。

キャンプ場では初めて見た、仮設トイレタイプ。

f:id:momozin:20170820214510j:image

ただ、手洗器や小便器もあって、実は割と綺麗。

f:id:momozin:20170820214527j:image

ただ、綺麗とは言っても男女共用でもあり、我が家の女王様や姫様に、

「トイレはこちらをご利用ください」

と、私には言えません。

f:id:momozin:20170820214601j:image

奥の手(?)として、水色の道を登って「現管理棟」のトイレを利用するという方法もあります。

f:id:momozin:20170820214629j:image

急勾配の坂を登った先に、炊事場やカマドが出現。

f:id:momozin:20170820214656j:image

そこには多目的グラウンドがあり、この日は少年野球の試合を開催中!

そばには「休憩所」があり、その屋内には…

f:id:momozin:20170820214716j:image

シャワーやトイレに、流し台も。

f:id:momozin:20170820214732j:image

ただ、この「休憩所」の利用は別料金。

ここのトイレの利用も黙認されるのかは、次回訪問時に確認しておきます。

よって、原則として、トイレはもう少し先にある管理棟のものを利用しましょう。

 

我が家が張った「第2キャンプ場」から歩いて現在の管理棟に行くというのは現実的ではないと思いますが、女性の場合で「第1キャンプ場」からならあり得るのかもしれません。

「第2」に人が多い場合、ファミキャンでもこの移動を前提に「第1」に張る。

あるのかな?


ーーーーーーーープレイボールーーーーーーーーー


では、第1キャンプ場前から場内の紹介を再開。

f:id:momozin:20170820214821j:image

奥に見えるのが、先ほどのキャンプファイヤー場。

眺めはもちろん、孤立感もイイですね。

トイレ問題から「第2」ほど賑わうことはないので、ソロキャンの方にはきっと最適の場所でしょう。

f:id:momozin:20170820214839j:image

再び遊歩道を進むと、またソロキャンらしいテントが見えてきました。

f:id:momozin:20170820214921j:image

ここは平坦で、芝生の綺麗な場所ですね。

f:id:momozin:20170820215053j:image

⑤の所で、実はここもキャンプファイヤー場。 

f:id:momozin:20170820214954j:image

テント設営と利用の許可が前提での話ですが、

ここは、そもそもキャンプファイヤー場なので、直火のファイヤーサークルがある訳です。

こんなに景色やコンディションが良い場所で、直火の焚き火が静かに堪能出来るって、素敵ですね。

イイですね〜、ソロも。

ただ、我が家の場合、妻はともかく、姫様が許してくれないでしょうね(^^;;

(ソロキャン必須ギア) PETROMAX 焚き火台 ファイヤーアンカー

f:id:momozin:20170820215258j:image

まぁ、贅沢な悩みなんでしょうけど。

 
ーーーーーオンナゴコロトアキノソラーーーーーー


ここからの眺めも最高!

ただ、炊事場やトイレの設備は全くないので、「第1」まで歩くか、都度、車で移動ですね。

f:id:momozin:20170820215330j:image

さらに遊歩道を進みます。

桜並木の通りなので、春にはもっと爽快な景色になることでしょうね。

f:id:momozin:20170820215224j:image

湖の北端に来ました。

護岸整備がなされているので、釣りがしやすそう。

もともと釣りが一番の趣味だった私。ウズウズ。

f:id:momozin:20170820220747j:image

西側の遊歩道は少し狭いのですが、その分、木陰が出来て涼しい。

f:id:momozin:20170820220820j:image

サンステージ横。

「第2キャンプ場」に戻って来ました。

f:id:momozin:20170820220910j:image

湖畔の遊歩道を1周しましたが、素敵でしょ?

この三河屋キャンプ場!

いえ、羽高湖森林公園キャンプ場。

改善点もたくさん抱えているんですけど、そのポテンシャルが素晴らしい!

 

次回は、場内での我が家の過ごし方や、周辺の施設などをご紹介します。


おしまい