【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

聖湖キャンプ場⑵

 

私も30年前には、「海の王子」に負けないくらい爽やかなイケメン好青年だったんですけど、今や面影のかけらさえなく。

カッコいい親父になりたかったのに、現実はただのデブっちょ親父。

でも、まだ間に合う!

娘が中高生になる頃までに、岩城滉一や柴田恭平のようになってやる!

「◯◯ちゃんのお父さん、カッコいいね」

私が娘の参観日に行った時、クラスメイトにそう言われて照れる娘。

この絵を夢見ているんです、私。


オリンピックに出るより難しそうだけど…。


ーーーーーーーーガンバレオレーーーーーーーーー


サイト数が140とも、200とも言われる「聖湖キャンプ場」。

フリーサイトなので明確にはなりませんが、とにかく広いと言うのは確か。

でも、傾斜部分が多いとの情報があります。

フリーサイトの場合は特に全体像が分かりにくいので、「県央の森公園キャンプ場」の時のように1周しながら、レポートをさせていただきます。

聖湖キャンプ場


さて、ここがキャンプ場の出入口で、この写真はキャンプ場の方から撮ったもの。

f:id:momozin:20170822164527j:image

この図の下の方から来たのですが、黄色の部分が通行止めになっていたので、白のルートで迂回して入りました。

なお、青いルートの⑤のエリアには行くのを忘れてしまったので、次回伺った際にレポートをさせていただきます。

 

では早速、①から赤いルートに沿ってご案内します。

f:id:momozin:20170822164558j:image

エリア①(私が命名w)は、キャンプ場の一番手前。

平坦で綺麗な芝生が広がる、人気の場所ですね。

f:id:momozin:20170822164626j:image

左側の芝生は剥がれていますが、やはり平坦です。

手前にトイレ、奥には炊事棟があります。

f:id:momozin:20170822164706j:image

キャンプ場内にトイレは数ヶ所ありますが、設計・仕様は全て同じ。

f:id:momozin:20170822164647j:image

なかなかオシャレなログ調で、綺麗に手入れがされています。

照明は人感センサー。

さすがに温水は出ませんが、鏡まである手洗器は女性に喜ばれそう。

こう言っては何ですが、「大鬼谷」のAサイトのトイレより良いのではないでしょうか。

f:id:momozin:20170822164724j:image

和式ですがこちらも綺麗だし、予備のトイレットペーパーも完備。

f:id:momozin:20170822164744j:image

障がい者用のトイレもあります。

f:id:momozin:20170822164754j:image

外部には、注意事項の張り紙がありました。

サイトへの車両の乗入れや直火の禁止など。

f:id:momozin:20170822164951j:image

裏手にある「木製デッキサイト」は老朽化しているようで、一帯が進入禁止になっていました。

f:id:momozin:20170822165005j:image

エリア①の奥に炊事棟があります。

しかし、すごいカランの数ですねw

f:id:momozin:20170822165024j:image

改めて、キャンプ場出入口の方を見てみる。

f:id:momozin:20170822165041j:image

その左側。

やはり道路の右側の芝生エリアが人気なんですね。

f:id:momozin:20170822165059j:image

奥には大きな東屋が。

ここは西中国山地国定公園内のキャンプ場。

キャンプ以外で訪れた方には、こんな立派な東屋があれば便利ですよね(^^)

f:id:momozin:20170822165121j:image

次に、3差路からエリア②に行ってみましょう。

f:id:momozin:20170822165149j:image

左端に写っている街灯(庭園灯)が所々にありますが、照度は乏しく、夜はかなり暗いです。

f:id:momozin:20170822165210j:image

右側に「プラス型」の炊事棟がありますが、こちらは使用禁止。

f:id:momozin:20170822165227j:image

それにしても、32個もカランがありますよ(^^;

どんだけ〜っ(この炊事場以上に古い)

f:id:momozin:20170822165249j:image

ここにもトイレ。

f:id:momozin:20170822165327j:image

改めて、トイレ前の道路からエリア②へ。

左には何故か、カナダで見掛けるやつ?

f:id:momozin:20170822170511j:image

道路左側は森林(鳥獣保護区)で、右側が林間サイトになっています。

ただ、緩やかとは言え、テント泊には気になる傾斜。

f:id:momozin:20170822170526j:image

右を見ると、所々に木製のテーブルセットや太陽光発電の照明灯があります(今回は点灯なし)。

ここがちょうど「②」の辺り。

f:id:momozin:20170822170546j:image

さらに振り返って見ると、こんな感じ。

先ほどのトイレが見えます。

このように、テントを張れる場所はあまりありませんね。

f:id:momozin:20170822170604j:image

少し先に進んでも状況は同じ。

エリア②は全体的に緩斜面。

 

この聖湖キャンプ場はオートキャンプ場ではないので、サイトへの車両の乗入れは禁止です。

ただ、この辺りのエリアは黙認(?)されているようで、みなさん乗入れをされています。

確かに、この辺りには駐車スペースがありませんから、仕方がないかもしれません。

車両が出入りすることもあってか、土の部分が多いので、ある程度の砂埃は覚悟ですね。

 

また、エリア②の最寄りの炊事棟は、前出の通り老朽化のため使用禁止になっているので、エリア①か③の炊事棟まで遠征することになります。

f:id:momozin:20170822170816j:image

少し先には比較的平坦な場所があり、グルキャンの方を含め、いくつかのテントがありました。

f:id:momozin:20170822170708j:image

「現在地」の所まで来ました。

f:id:momozin:20170822170730j:image

では、続きは次回に。

今日はこれでおしまい。


カッコいい親父になるためには、早寝早起きしなくちゃね(^-^)v

 

お休みなさい。