【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

真道山森林公園キャンプ場⑶

 

みなさん、GWのご予定は?

キャンプですか? どちらへ?

今のところ、ずっと晴れるようですね!

5日の「30%」って、ちょっと怖いけど(^^;

フラワーフェスティバルって1日は必ず雨が降るって印象なんですけど、今年はどうでしょう。

 

我が家はきっちりキャンプの予定を入れています。

29、30日に1泊2日と、3日からは初の3泊4日!

どちらも初めて伺うキャンプ場ですし楽しみ倍増!

ニバイ、ニバーイ!

しっかり取材して来ますね(^^)v


ーーーーーーーーーーツヅキーーーーーーーーーー


転んでケガをした弟の治療をするお姉ちゃん。

「痛い?」

「うん…」

「ゆっくり歩くんだよ。もう走らないよ」

「う、うん…」

束の間の微笑ましい光景(静かなのは本当に束の間)。

f:id:momozin:20170821193818j:image

今朝エブリィで買ったワタリガニ。

彼もキャンプに興奮しているのか、とっても元気!

走らないようにね。

f:id:momozin:20170821193836j:image

偶然出会った食材でキャンプめし。

う〜ん、アウトドアっぽい♪

ナイスです、お母さん!

f:id:momozin:20170821193903j:image

予報では「1日快晴!」だったのに、夕方から物凄い雷雨になりました。

天気を予想するのって難しいんですね。

タトンカタープには、デビュー戦でいきなりの撥水テスト。

 

その後、19時くらいに止んだので、お風呂にGO!

受付時に管理棟で入浴料の100円割引券を頂いた、「シーサイド温泉のうみ」。

車で数分の所にあります。

f:id:momozin:20170821193924j:image

「いや、待てよ。

遅くなったけど、少しは出来るんじゃない?」

雷雨ですっかり諦めていたイベントを、急遽開催することに。

「シーサイド温泉のうみ」のすぐ横、「ヒューマンビーチ長瀬」でマテ貝掘りです。

 

まずは、表層の砂を5cmくらい手鍬で鋤き取って、マテ貝の穴を探します。

見つけた穴に塩を振りかけて5秒くらい待つと、

f:id:momozin:20170821195856j:image

ピョコっとマテ貝が顔出すので、

すかさずギュッ! と掴んで、優しく引き抜きます。

カメラは見た!「貝を抜き取る少女」

f:id:momozin:20170821194006j:image

取り方は予習して、手鍬や塩入れなども用意して来たんですけど、先ほどまでの雷雨のために干潮時間に来られず、更に、もはや真っ暗。

さすがに、もうイイでしょ?

f:id:momozin:20170821194028j:image
(左奥の建物が、シーサイド温泉のうみ。右奥は休館中の能美海上ロッジ)

さぁ、お風呂タイム!

(大人:¥600、こども※3歳以上小学生まで:¥300)

※これから100円引き。

f:id:momozin:20170821194051j:image

地元産の農産物やお土産物の販売のほかに、食事が出来る所もありました。

f:id:momozin:20170821194113j:image

お風呂は2階。

f:id:momozin:20170821194132j:image

小上がりのほかに、家族風呂も。

f:id:momozin:20170821194147j:image

石鹸類完備。サウナ付き。

f:id:momozin:20170821194207j:image

ただ、残念ながら、湯けむり美女の姿なし。

「効能は…」って、聞きたかったーっ

f:id:momozin:20170821194226j:image

入浴後、ゆめタウンでアイスクリームや酒の肴など各自が好きな物を買って、サイトに帰宅。


我が家の新人を、みんなでジロジロ観察。

「お姉ちゃん、やっぱりペトロマックスの灯りは、ひと味違うね」

「そうね。まさに、100年以上も形を変えずに来た伝統品が生み出す、歴史を伝える色よね」

「こいつ、200以上のパーツがあるんだってね。繊細な中の優雅さと重厚感は、さすがドイツ産まれって感じがするね」

「繊細な分、メンテナンスには手がかかるようよ。そう、私たちのようにね」

「ふふ、上手いこと言うね、お姉ちゃん」

f:id:momozin:20170821194256j:image

常夜灯と見紛うほどの光量。

f:id:momozin:20170821194319j:image

f:id:momozin:20170821194337j:image

新人は初出勤から深夜残業。

お姉ちゃんの恋のお話、聞いてた?

f:id:momozin:20170821194355j:image


ーーーーーーーーーヨクアサーーーーーーーーーー


いつテントに入ったのか、全く記憶がない私の朝。

お姉ちゃんは、私が昨夜飲み食い散らかしたテーブルの上をお片付けしたうえで、みんなのご飯を作ってくれていました。

いやいや、面目ない(^^;

f:id:momozin:20170821194414j:image

まずはタトンカをチェック。

あまりコットンは感じない撥水具合。

f:id:momozin:20170821194431j:image

あとは……、

えっ???

オーマイガーーーーーーーーーーーッ!!!

我が家のお母さんにとって、おフランスのタープとドイツ産ランタンのハーモニーも関係なし。

干せたらOK!乾けばOK!

f:id:momozin:20170821194455j:image

昨夜のマテ貝さんは日向で暑そうね(^^;

f:id:momozin:20170821194534j:image

14時のチェックアウトまで、ゆっくりのんびり。


ーーーーーーーーーーアウトーーーーーーーーーー


昨日立ち寄った「海辺の新鮮市場」と同様、「真道山」のキャンプブログによく登場するのがこちら、

「島の駅 豆ヶ島」。

f:id:momozin:20170821194659j:image

先を急ぎますので、今回はスルー。

この夏に2泊で再来するので、その時に「江田島オリーブファクトリー」と一緒に寄らせていただきます。

第2音戸大橋手前のビュースポットで記念撮影。

f:id:momozin:20170821194740j:image

でも、お父さんがこのブログを始めてから、家族の写真は後姿ばっかりw

ごめんね(^^;

f:id:momozin:20170821194813j:image

ラーメン大好き小池さん。

うどん大好きお父さん。

f:id:momozin:20170821194849j:image

自動販売機で出汁を購入。

f:id:momozin:20170821195148j:image
どこでも買えますが、今なら想い出という隠し味入り。

山田くん、座布団2枚!

 
ーーーーーーーーーーソシテーーーーーーーーーー


なんやかんやで、こちらに着いたのは16時少し前。

「狩留家海浜公園」。

f:id:momozin:20170821195125j:image

デイキャンプで何度か訪れていますが、久しぶり。

f:id:momozin:20170821195249j:image

ここは遊具やアスレチックがあって、すべて無料。

(時間極めの駐車料金のみ。¥100/h)

f:id:momozin:20170821195314j:image

閉園の17時が近いので、みなさん撤収を急がれています。

f:id:momozin:20170821195345j:image

30分前には、一帯がタープでいっぱいでした。

f:id:momozin:20170821195413j:image

f:id:momozin:20170821195444j:image

綺麗な炊事場や灰捨場まであって、すごく便利。

f:id:momozin:20170821195515j:image

みんなタープを張ってバーベキューをしたり、泳いだり、魚釣りをしたり。

こどもだけでなく、大人も楽しい公園です。

f:id:momozin:20170821195539j:image

さぁ、そろそろ帰ろうか。

f:id:momozin:20170821195608j:image

 

おしまい