【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

2016年度総括

 

結婚前は「山」というより完全に「海」派だったので、キャンプはごくたまに行く程度だったのですが、結婚してからは長女が産まれ、長男が産まれと、さらに縁遠いものになっていました。

 

それでも、1歳前の我が子を引き連れてデイキャンプに行くなど、アウトドア熱を発病。

長男が1歳半になった今年の春、満を持してお泊まりキャンプを解禁!

そこから堰を切ったように、月に2回はキャンプに行くようになったのです。

そして、いつの間にかこのブログを開設。

 

年末を迎えるにあたり、「我が家のキャンプ1年目」を簡単に振り返ってみたいと思います。


ーーーーーーーープレイバックーーーーーーーーー


【4月】

ホッ!とステイまんのう

備北オートビレッジ

【5月】

船折瀬戸キャンプ場

芦田湖オートキャンプ場

県央の森公園キャンプ場

【6月】

県央の森公園キャンプ場

備北オートビレッジ

【7月】

岩倉ファームパークキャンプ場(デイ)

芦田湖オートキャンプ場

弥栄オートキャンプ場(デイ)

岩倉ファームパークキャンプ場

【8月】

大鬼谷オートキャンプ場

川真珠貝広場キャンプ場

弥栄キャンプ場(デイ)

【9月】

なし(雨天中止)

【10月】

備北オートビレッジ


3回のデイを含めて、15回ですか。

いや、よく行きましたね。

振り返ってみて一番良かったキャンプ場は、やはり「備北オートビレッジ」ですね。

ロケーション、設備、サービス、備北丘陵公園や周辺環境など、文句の付けようがありません。

ファミリーキャンプには最高の場でしょう。

f:id:momozin:20170905223139j:image

そんな我が家も、最初は閑散としていた装備が少しずつ買い足され、次第により楽しめる形になってきました。

特別上等な物ではなくても、ひとまず持っていることで、楽しめるキャンプの幅が広がる、というのはありそうですね。

 

そこで次に、1シーズンを過ごしてみて、今年購入したキャンプグッズを振り返ってみます。


ーーーーーーーーーーテントーーーーーーーーーー


以前は3人用のコンパクトなテントでしたが、子どもが2人いるので、さすがに4〜5人用は必須です。

ほとんど悩むことなくスノーピークのアメドMにしましたが、正直言って後悔しています。

f:id:momozin:20170905222344j:image

商品自体に全く不満はなく、むしろ大変満足しているのですが、余りにも利用者が多い…。

アメドも多いですが、スノーピークブランド自体、どこのキャンプ場でも非常によく見掛けます。

 

私の学生時代の頃のイメージで言えば、

スノピはキャンプ界のルイヴィトンやぁ〜


ーーーーーーーーーーイスーーーーーーーーーーー


念願のファミリーキャンプなんですし、お揃いの可愛いイスにしようと、スポーツオーソリティのセールでアルパインの商品を購入しました。

f:id:momozin:20170905222918j:image

大人が座ってくつろぐという感じはありませんが、子どもたちにはピッタリ!

また、先日も近所の公園に持って行ったりと、コンパクトな分だけ活躍の場は広くて重宝しそうです。

子どもの成長に合わせて、イスも大きくなっていくんでしょうね〜(しみじみ)。


ーーーーーーーーーランタンーーーーーーーーーー


ガスランタンに加えて、可愛いLEDのランタンを3つゼビオで買いました。

f:id:momozin:20170905222413j:image

テントの中と前室、キッチンテーブル、流し台、そしてトイレに行く時に持って行くなど、色んなシチュエーションで必要になるので、数多くあるのは良かったんですが、やっぱり強い照度が欲しい!

ガソリンランタンが、欲し〜の!


う〜む、彦摩呂の次は「ほしのあき」か…


その他、このオフシーズンに購入予定の物として、まずは「タープ」。

現在の最有力候補は、タトンカの1TC!

コットンタープで、オシャレさんを気取ってみようかなとw

えっ、テントはスノピなのにって?

そんなの、関係ねーーーっ!


そして「暖房器具」。

4月や10月の夜は寒いんですよね。

だから、電気毛布が手放せないんですけど、すなわちその時期は「電源付き」のキャンプ場しか選べないってことになります。

ちっちゃいことを気にするな、
ワカチコ、ワカチコーッ!

気にしなくてイイように、ガスストーブを、

ゲッツ!


ごめんなさい。もうやめます。


ーーーーーーーーーシンネンーーーーーーーーーー

 

では最後に、我が家が来シーズンに行きたいと思っているキャンプ場を、紅白風に曲順に、いえ訪問予定順にご紹介。

来シーズンも「初出場」ならぬ「初訪問」のキャンプ場を中心にレポートをしていきますので、よろしければまたご覧ください。


真道山森林公園キャンプ場(初)

聖湖キャンプ場(初)

土師ダムファミリーキャンプ場(初)

羽高湖森林公園キャンプ場(初)

県央の森公園キャンプ場(3)

備北オートビレッジ(5)

川真珠貝広場キャンプ場(2)

片添ケ浜海浜公園オートキャンプ場(2)

弥栄キャンプ場(2)

神石高原ティアガルテン(初)

真道山森林公園キャンプ場(2)

岩倉ファームパークキャンプ場(5)

備北オートビレッジ(6)

 

今シーズンはこれで、おしまい。

来シーズンもよろしくお願いします。

f:id:momozin:20170905222530j:image 

※次回更新は、2017年4月中旬予定です。

皆様、良いお年をお迎えください。