【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

大鬼谷オートキャンプ場⑸

 

我が家のキャンプご飯の定番になってきたレトルトカレーですが、最近は各自が種類に少しこだわるようになってきました。

ただ値段が高ければ美味しいという訳ではないところが、面白いところですね。

f:id:momozin:20170823223314j:image

食後は、お姉ちゃんが弟に皿洗いを教えてくれています。

これが、なかなか優しく上手に教えるんですよ(^-^)

f:id:momozin:20170823223332j:image

ひと段落したら、場外のお風呂へ。

 

コンビニの近くにある「たかの温泉 神之瀬の湯」に行きました。

道路沿いではないので、左の看板を見落とさないようにお気を付けください。

ここは天然温泉なんですね。楽しみです!

f:id:momozin:20170823223359j:image
(写真はキャンプ場から来た方向)

 

実は、キャンプ場内の管理棟にある露天風呂(¥300/中学生以上、¥200/3歳以上)と迷ったんですけど、10年以上前とは言え一度は入ったことがあるので、今回は未経験のこちらの温泉に。

f:id:momozin:20170823223502j:image

想像していたより、ずっと広くて綺麗です。

f:id:momozin:20170823223607j:image

小上がりもあって、くつろぐことも出来ます。

ちょっとしたスーパー銭湯くらいのレベルですね。(¥350/中学生以上、¥150/小学生以上)

f:id:momozin:20170823223537j:image

脱衣所もキレイ。

f:id:momozin:20170823223646j:image

内湯。石鹸類は常備されています。

f:id:momozin:20170823223710j:image

露天風呂。

f:id:momozin:20170823223742j:image

キャンプ場内にシャワー室や露天風呂があるので当然かもしれませんが、この時、私たちの他は数人の地元の方だけのようでした。

でも、こちらもとても良かったですよ!

我が家はきっと、次回もこちらを利用します。

休憩室でもくつろがせていただきました(*^^*)

店員さんも気さくな面白い方でした。

たかの温泉 神之瀬の湯


そして、素敵な出会いも♡

f:id:momozin:20170823223808j:image

何やら明朝9時から、この近くでトウモロコシの収穫体験が出来るようです。

12時がチェックアウトなので、じゅうぶん間に合いそうですね。


その後、お買物のハシゴ。

「スーパーイワクラ」で翌朝用のパンを、「コミュニティマートはしなかや高野店」でビールと餃子と野菜を購入しました。

夕食は私のリクエストで、ラーメンと餃子(^^)v


ーーーーーーーーーヨクアサーーーーーーーーーー


9時過ぎに到着。

ここも地元の方で賑わっています。

f:id:momozin:20170823223826j:image

みんなで収穫!

都会っ子(?)の私は、トウモロコシ畑を見るのも初めて。

f:id:momozin:20170823223847j:image

1本120円。10本いただきました。

帰宅して早速、食べてみましたが、とっても甘くて美味しかったです。

昨夜偶然、お風呂であのポスターに出会えたお陰ですね(^^)v

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

テーブルとイスだけ残して、撤収完了。

チェックアウトの時間まで、名残を惜しんで遊びます。

f:id:momozin:20170823223931j:image

帰り道には「道の駅たかの」に立ち寄り、ジェラートなど。

さすがにお盆。ものすごい賑わいです。

f:id:momozin:20170823223955j:image

そして、三次まで帰って昼食(丸亀製麺)をとった後、下道で三次東まで戻って「県立みよし公園」の「こども広場」へ(駐車場は「第5」が最寄りです)。

三次の大型遊具と言ったら、三次ワイナリーの隣にある「みよし運動公園」が有名ですが、こちらは穴場的なスポットです。

44mと59mというとても長いローラー滑り台(お尻にバスタオルを敷いて滑りましたw)や、

f:id:momozin:20170823224020j:image

船の形の遊具にはターザンロープなど、そして、

f:id:momozin:20170823224108j:image

巨大なエアークッション「ふわふわドーム」。

酷暑でしたが、楽しかったです。

県立みよし公園

f:id:momozin:20170823224133j:image


ーーーーーーオオギダニ・カンソウーーーーーーー


ご紹介の通り、AサイトエリアとBサイトエリアでは環境が少し異なります。

どちらが良いかは何を優先するかによりますが、いずれにしてもサイト指定が出来ない以上、指定されたサイトを利用するしかありません。

ただ、「電源付」を予約すればAサイトエリア、「電源・流し付」か「流し付」を選べばBサイトエリアが確定します。

ハイシーズンは特に予約がすぐに埋まるので、早めに手配をすることが重要です。


ーーーーーーーーオジサントークーーーーーーーー


さて最後に、このキャンプ場で一番気に入ったところをご紹介します。


それは夜の10時過ぎ、職員のお兄さんが自転車で見廻りをされた後、まだ賑やかだったサイトを1件1件廻って注意をされていました。

「注意事項」はチェックインの際に口頭で説明があり、紙も渡されました。

トイレなどにも張り出されています。

あのこだわりのオシャレなトイレにも。

f:id:momozin:20170824080352j:image

全てに気になる文章が、

「ご協力いただけないお客様はお帰りいただきます。」

客商売で、なかなかここまで書けませんよ。

勘違いする人もきっと出ます。

それでも、マナーを守ってもらって、みんなが楽しく過ごしてもらいたいという強い意思を感じました。

 

キャンプに関しては、「ルールやマナーを守らない」という人より、「それを知らない」という人が多い気がします。

広島県を代表するキャンプ場の使命として、キャンプの楽しさと共にマナーも一緒に、今後も広めていただきたいと思います。


おしまい