【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

大鬼谷オートキャンプ場⑷

 

キャンプの朝ご飯は、いつも仲良く(?)3人で(?)作ってくれます。

f:id:momozin:20170823202545j:image

なかなかの出来栄えでしょ?

KingCamp 屋外用バーベキューカセットコンロ (ケース付き)

f:id:momozin:20170823202601j:image

食後は早速「取材」の場内散策へ。

途中のMTBコースを試走。

さすがに我が家の箱入り娘には難しそうでしたw

f:id:momozin:20170823202623j:image


ーーーーーーーーーAサイトーーーーーーーーーー


さて今回は、大鬼谷オートキャンプ場のメインとなるAサイトエリアをご紹介します。

 

管理棟前の道路をまっすぐ進んだ先で、道路を挟んで「芝生サイト」と「林間サイト」、 奥に「しらかばサイト」の3つに分かれ、それぞれに「電源付サイト」と「標準サイト」があります。

「流し付」はないので、共同炊事場を利用することになります。

f:id:momozin:20170823202714j:image

左側のまっすぐな道が上図では白いラインで、右に曲がっている道を行けば川遊びのポイントで、その先はBサイトエリアになります。

f:id:momozin:20170823203010j:image

芝生サイトの入口には、木製の遊具が4基。

f:id:momozin:20170823202940j:image

助かるんですよね、遊具があると(⌒-⌒; )

f:id:momozin:20170823202920j:image

童心にかえって、大人も楽しめますよ!

f:id:momozin:20170823202817j:image
(遊具から林間サイトを見たところ)

 

ーーーーーーーーアツイアツイーーーーーーーーー

 

管理棟で買ったアイスクリームで元気を回復して、取材再開。

 

「芝生サイト」というだけあって、さすがに芝生が綺麗です。

f:id:momozin:20170823203112j:image

隣とは高木で仕切られていますが、区画整理された印象で、少し人工的な感じは否めないですね。

f:id:momozin:20170823203212j:image

こちらが「ログバンガローのAタイプ(定員4名。¥7500/日+¥330/人)」のようですが、6帖1間といったところでしょうか?

ちょっとここには狭くて泊まれないな〜と思いましたが、HPにあるように、テント代わりと思えば良いのかと。


奥に見えるのが「ツリーハウス」。

A、Bの2タイプあり¥9200/日+同と¥10000/日+同。

こちらは4.5帖とさらに狭いようですが、トムソーヤ的な楽しさもあって、こどもは喜びそう。

f:id:momozin:20170823203239j:image

こちらが「ログバンガローのBタイプ(定員5名。¥9200/日+同)」。

ここもキッチンやトイレはありませんが、なかなか可愛い感じです(^.^)

f:id:momozin:20170823203327j:image

最後に「ログハウス(定員6名。¥16200円/日)」。

お風呂以外は完備。ここは快適に過ごせそうです!

人気がありそうなので、予約を取るのは大変でしょうね(;^_^A


ほか、広さが異なる「貸別荘(¥21600/日〜¥27000/日)」が4棟。グループで泊まればとても楽しそうです。

f:id:momozin:20170823203352j:image

芝生サイトやバンガローなどの方が利用することになる炊事棟。

f:id:momozin:20170823203447j:image

ステンレスの流し台が数台設置されていますが、Bサイトエリアのものとは雰囲気が違いますね。

f:id:momozin:20170823203424j:image

続いて「林間サイト」へ。

f:id:momozin:20170823203513j:image

こちらがトイレ。

f:id:momozin:20170823203534j:image

コンクリートブロック積みの構造で、「カフェバーのトイレ」とはかなり差が…

f:id:momozin:20170823203635j:image

う〜ん…。綺麗にされてはいるんですけど…。

f:id:momozin:20170823203603j:image

こちらがランドリーと、

f:id:momozin:20170823203744j:image

シャワー室。

f:id:momozin:20170823203830j:image

炊事棟。

f:id:momozin:20170823203859j:image

f:id:momozin:20170823203926j:image

42番、43番、50番のサイトは隣接しています。

ここもBサイトエリアの芝生サイトと同じ値段なんですよね。

う〜ん、複雑な心境です。

f:id:momozin:20170823222441j:image

「キャンプ場施設と嫁さんは新しい方がイイ」と言いますが、比べるからいけないんですかね?

おっと、私は古くても妻が一番ですけどねv(^^;;

古くても…? いえいえピカピカのテカテカです!

f:id:momozin:20170823222351j:image

そして、最後にご紹介するのは「Aサイトエリアのしらかばサイト」です。


ここも「Bサイトエリアの芝生サイト」と同様に、閑散期には使われないサイトです。

管理する側としては、利用サイトは出来るだけまとめておきたいですよね。

「林間サイト」の奥にある、この橋を渡った先です。

f:id:momozin:20170823222539j:image

下図で左上の場所です。

f:id:momozin:20170823222658j:image

芝生サイトと同様に、開放的で気持ちがイイです。

f:id:momozin:20170823222628j:image

入口の近くに炊事棟とトイレがありますが、サイトの一番奥からは結構な距離になります。

f:id:momozin:20170823222755j:image

こちらがトイレ。

f:id:momozin:20170823222819j:image

「Bサイトエリア」のものと比較するとワクワクはしませんが、コンクリートブロック積みだった「林間サイト」のものよりは清潔感があって、ずっと良かったです。

f:id:momozin:20170823223029j:image

f:id:momozin:20170823223053j:image

普通のキャンプ場ならじゅうぶんな設備ですが、ある程度のサイト料である大鬼谷オートキャンプ場には、Bサイトエリア並みのサニタリー棟と、サイト環境を求めたい。


きっと真剣にキャンプ場経営を考えていらっしゃると思います。

清掃員の方に話し掛けた時も感じました。

ミニクリプトン球にも、三角に折ったトイレットペーパーにも。

他にもまだまだ。

だからこそ、Aサイトエリアの設備改善を期待しています!


次回は「大鬼谷」の最終回。

場外のお風呂や、近隣の遊び場などをご紹介します。

 

おしまい