【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

弥栄オートキャンプ場

 

こどもが夏休みに入って最初の日曜日になる2016年7月24日に、大竹市にある「弥栄オートキャンプ場」でデイキャンプをして来ました。

「岩倉ファームパークキャンプ場」と比べて、あまりにもマイナーな感じですが、「川遊び」という事なら私はこちらの方が断然好きです!


大竹ICを下りてすぐ「ゆめタウン」があるので、こちらで最後のお買い物。

「新橋陸橋南」の交差点を右折して、117号線から186号線を進み約10分。

少し手前に「弥栄キャンプ場」や「川真珠貝キャンプ場」があるので、こちらを目印に。

f:id:momozin:20170901180447j:image

この入口を下ると小さなプレハブがあるので、ここで受付。

f:id:momozin:20170901180355j:image

このキャンプ場は川沿い一直線に、19の区画が並んいます。

f:id:momozin:20170902220755j:image

出入口側

f:id:momozin:20180624221906j:plain

奥側

f:id:momozin:20180624221929j:plain

7番サイトの道路向い、一段上がった所にトイレ(左)と炊事棟(右)があります。

f:id:momozin:20170902222051j:image

炊事棟は3方が流しで、1方がカマド。

f:id:momozin:20170902222120j:image

流しは御影石張りでとても綺麗!

f:id:momozin:20170902222146j:image

男性側のトイレ。広くて、こちらも綺麗です。

f:id:momozin:20170902222217j:image

洋式と和式が1基ずつ。

f:id:momozin:20170902222245j:image

サイトは間口が13m、奥行きが10mくらいと広い。


1サイトに複数のタープや車もOKらしく、1サイトに車を5台駐めて、隣のサイトでタープを3つ張って盛り上がっている大グループもいらっしゃいました(^-^)

利用者の人数に対して利用料を計算する「岩倉」や「土師ダム」と異なり、「1サイトでいくら」と言うサイト料の設定なので、やはりグルキャンの利用者が多いですね。

大学生のグループをよく見掛けます(^^)

 

ーーーーーーーーーーサイトーーーーーーーーーー

 

弥栄キャンプ村(弥栄キャンプ場、弥栄オートキャンプ場、川真珠貝キャンプ場)のいずれもサイト指定可!

サイト指定もキャンプの楽しみのひとつですから、事前にチェックをしてみてください。


サイトの広さ、トイレや炊事棟への距離、木陰の有無、川へのアプローチ、プライベート感など。

 f:id:momozin:20170902224738j:image

4番サイト付近

f:id:momozin:20170902224813j:image

9番サイト付近

f:id:momozin:20170902224850j:image

14番サイト付近

この辺りになると炊事棟などから少し遠くなるので、空きが目立ちます。のんびり重視なら。

f:id:momozin:20170902224932j:image
おそらく1番人気の6番サイト。とても広くて、木が数本あり。

f:id:momozin:20170902225007j:image

全体的に砂地。

ただ、確か1〜5番サイトくらいは芝生がきれいだったかな。

 

川岸は大きな岩を敷き固めた「湯来ロッジ」のような感じで、綺麗な水草も。

何より、サイトの前がそれぞれのプライベートリバー(?)のようで、こんな感じにとってもゆったり。

f:id:momozin:20170902225352j:image

キャンプ場利用者以外は、原則として入場出来ないので、多くても10組程度。


川は浅く、水はとても綺麗。

小さな魚も見られますので、小さな網を持って行かれると楽しいと思います。

f:id:momozin:20170902225518j:image

手前は石が目立ちますが、奥側の川底は砂地になります。

どこも流れが緩やかなので、小さなこどもでも泳ぎやすいと思います。

f:id:momozin:20170902225600j:image

ただ一部は、大人でも足が届かない所や、流れが早い所ももあるので、こどもからは目を離されないようにしてください。


ーーーーーーーープチジョウホウーーーーーーーー


ここは「弥栄キャンプ村」と言い、同じ会社が管理をされているキャンプ場が3つあります。


まずは、今回紹介の「弥栄オートキャンプ場」。
以下の写真はパンフレットより。予約時にサイト指定が出来るので、よろしければ参考に。

f:id:momozin:20170902225839j:image

隣の「川真珠貝キャンプ場」はオートキャンプ場ではないけど、広い芝生広場やこども用の池が人気。


川へのアプローチが砂地というのも魅力的!

川で泳ぐことを重視されるなら、ココイチ。

f:id:momozin:20170902225910j:image

「弥栄キャンプ場」には売店や食堂、シャワー室やケビンまである。

「川真珠貝キャンプ場」の対岸なので、泳いでも行ける。

f:id:momozin:20170902225941j:image

キャンプ場の規模にも影響されているとは思いますが、人気は…、

①川真珠貝、②弥栄オート、③弥栄ですかね?


ーーーーーーーーーカンソウーーーーーーーーーー


ここ「弥栄」の利用料金は、デイが10:00〜15:00で1020円で、宿泊が16:00(!)〜9:00(!!!)で2050円。


キャンプ場としては特別にロケーションが良い訳ではなく、川遊び以外に楽しめるものはないので、宿泊するならデイとのセットは必須になりそうですね。

この日は6組の方が前日より宿泊をされていました。


ただ、今後も我が家がここにお泊まりすることはないと思いますが、デイはきっと毎年伺うでしょう。

おじさんキャンパーには、ゆったりのんびりがイイんです(^^)v


おしまい