【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

芦田湖オートキャンプ場⑴

 

2016年7月16〜18日に2泊で、世羅町にある「芦田湖オートキャンプ場」に行って来ました。

 

前回は「三原久井IC」で山陽道を下りましたが、今回は管理人さんのアドバイス通り「河内IC」で下りて、フライトロードを走りました。

こちらの方が下道は長くなりますが、世羅町の中心部を通るので色々と便利は良いですね。

f:id:momozin:20170825185233j:image

15時のチェックインまで少し時間があったので、「せら夢公園」に少し寄り道。

個性的な遊具が点在して、こども達も楽しそう!

f:id:momozin:20170825185126j:image

隣接する「せらワイナリー」は明日のお楽しみにして、世羅町のスーパーへ。

 

キャンプ場に着く直前にスーパーで買い物をするのが、我が家のスタイル。

準備していたのに冷蔵庫に忘れたーっ、って事にもなりませんし(経験済)、ビールやジュースなど冷たいものは直前に買って、サービスの氷を頂くのが効率的ですからね(^.^)。

世羅町の中心部にはスーパーやドラッグストア、ホームセンターが数件ずつあるので安心です。

 

ちなみに、三原久井ICで下りた前回は、通り道にある「道の駅クロスロードみつぎ」付近のスーパー(Acoop)を利用しました。

早く到着したいなら三原久井IC、のんびり時間調整をしながらなら河内IC、でしょうか。


ーーーーーーーーソレカラソレカラーーーーーーー


世羅町中心部から約15分で到着。

入口にある、このモニュメントを目印に。

f:id:momozin:20170825185352j:image

管理棟。受付横の売店には薪やビール、アイスクリームなど。

キャンプ用品各種のレンタルもあるようです。

ただ現在は、自動販売機の設置はありません。

f:id:momozin:20170825185412j:image

浴室棟。大人520円、小学生以上310円。利用可能時間は17:00〜21:00。

注:原則として、宿泊者が10人以上の場合に限り営業されます。

f:id:momozin:20170825185436j:image

脱衣場。浴室内と共に板張り。

f:id:momozin:20170825185455j:image

浴室内。勾配天井が開放的で気持ちがいい。

庭が眺められるようになっているんですが、「雑草」なのが残念(^^;;

f:id:momozin:20170825185512j:image

サニタリー棟。トイレとシャワー室。

f:id:momozin:20170825185535j:image

トイレは入って正面に障がい者用、

左(写真では奥)が女性、右が男性用。

f:id:momozin:20170825185633j:image

男性側。

網戸もあるので、虫は少なくてキレイ。

f:id:momozin:20170825185553j:image

洋式に改装されています!

さらに、嬉しい暖房便座付き。

f:id:momozin:20170825185649j:image

シャワー室の脱衣場。

f:id:momozin:20170825185719j:image

シャワーの個室は2ヶ所。4分で200円。

f:id:momozin:20170825185734j:image

こちらが、キャンプ場の中央に立つ、唯一の炊事棟。

流し、カマド、灰捨て場の他に、ピザ釜まであります(ゴミは持ち帰り)。

広くてキレイ!

f:id:momozin:20170825185753j:image

 

ーーーーーーーーーーサイトーーーーーーーーーー 

 

場内は、この炊事棟を中心に大きな円状に道路があって、外側がデラックスサイト(4,630円/泊)、内側が標準サイト(2,570円/泊)になっています。

f:id:momozin:20170825185827j:image

デラックスサイトは水道、カマド、電源付き。

隣とは低木で区画されていますが、道路(西)側のサイトの奥は区切りがないので、特に開放的。

f:id:momozin:20170825185923j:image

一方、山(東)側はアルミフェンスが立っており、いわゆる“普通の”広さ(10m角?)。

また、山の影響で朝陽があたりにくいので、テントの乾燥に時間がかかりそう。

標準サイトは、広い芝生のフリーサイトに木杭で間口だけを決めた、という感じ。

車は道路に沿って駐められるので全く問題なし。

 

ロープなどで区画をされていないので、奥がとてもゆったり使えます。

どこからでも炊事棟は近いし、広場で遊びやすいので、こちらの方が断然オススメです。

また、このように所々に大きな木があり、木陰をつくってくれています。

f:id:momozin:20170825190031j:image

(入口から一番奥、28番と29番サイト)

 

今回の私達は20番サイト(前回は18番)。

f:id:momozin:20170825190100j:image

木陰はありませんが、炊事棟とトイレのどちらにも近くて、横もゆったりとしていました。

トイレへの距離を優先するなら木陰もある18番が、遠くても良いからプライベート感を優先するのなら、山側の標準サイトがオススメです。

 

ところで、

ここの料金システムは少し変わっていて、「10:00〜15:00のデイ料金」と「15:00〜10:00の宿泊料金」に分かれています。

大竹市にある「弥栄キャンプ場」のようなシステムですね。

どちらもデイ利用が多いキャンプ場、という事なんでしょうか?

 

デイ料金は、標準サイトが310円/人、デラックスサイトが510円/人※小学生以上。

だから、標準サイトに2泊3日した我が家(夫婦、こどもは5歳と1歳)の場合、2,570円+620円+2,570円の5,760円でした。

ちなみに、デラックスサイトなら10,280円になっていました(^^;;

1日目や3日目にキャンプ場でゆっくりしたければ、各620円(1,240円)をさらに追加、ということですね。

 

1泊2日なら必須の「デイ追加」も、今回は長女の幼稚園が終わったお昼頃に広島市内を出発したので、無理に追加はせずに、少しだけ「せら夢公園」で時間調整をしたという訳です。

 

次回は、周辺のお出掛けスポットなどをご紹介します。


おしまい