【広島発】初心者のファミリーキャンプ

広島市近郊のおすすめキャンプ場のご紹介

平尾台自然の郷キャンプ場⑶

ご無沙汰しております。ヒロシです。

いや、違う違う。

 

我が家ではキャンプに行けない季節になり、日々の楽しみと言えばYou Tubeで「ヒロシキャンプ」、もしくはBS日テレの「極上!三ツ星キャンプ」を見ることに限られてきました。

 

さて年も明け、そろそろ今シーズンのキャンプスケジュールを考えようかなと、久し振りに自分のこのブログを見て、松田優作も愕然。

「な、なんじゃこりぁ」

 

当時は頑張って作っていたつもりだったけれど、情報が少なくて物足りない。

それもメジャーな所ばかりなので、新鮮味がない!(キッパリ)

 

実は、行ったキャンプ場の写真がドンドン溜まってきて作成が間に合わなくなり、結局、中断してしまったのでした(^^;;

しかしいくらなんでも「平尾台の紹介途中」での中断は酷い。

 

さぁ、薄っすらな記憶を基に、シュッパーツ!

f:id:momozin:20180805123116j:plain

キャンプ場から少し歩いた先、最寄りの「果樹園駅」からキタポッポ(¥100/人※4歳以上)に乗って、

f:id:momozin:20180805123157j:plain

白丸のヴィレッジゾーンへ。

赤丸の3ヶ所で乗降できます。

歩けない距離じゃないけど、乗車がお勧めです。

f:id:momozin:20190118221649j:plain

愛の終着駅、「時計塔駅」。

ここがメインゲートの他、各種体験工房やレストラン、ショップ、展望台や散策路などがあるヴィレッジゾーンです。

 

広々として気持ちがイーーい!

f:id:momozin:20180805123336j:plain

まずは、お昼ご飯にしましょう。

f:id:momozin:20180805123450j:plain

私はカツカレーにしましたけど、グッググー!

失礼ながら「意外に」カツが美味しかった。

f:id:momozin:20180805123529j:plain

綺麗な水遊び場があり、子どもたちのはすぐにでも遊びたい!と親に猛アピール。

f:id:momozin:20180805123757j:plain

よって、3家族のお母様は今降りたばかりのキタポッポに再び乗って、キャンプ場に水着を取りに戻られました。

すまぬ、母さん。

お見送りの後、カツカレーを食べる私。

f:id:momozin:20180805123852j:plain

雄大な眺めで、とにかく気持ちが良い。

f:id:momozin:20180805123949j:plain

広場にいくつか露店が出店されていました。

f:id:momozin:20180805124207j:plain

おすすめは、フルーツがトッピングされたカラフルなかき氷!

f:id:momozin:20180805192735j:plain

ショップも広くて、結構充実しています。

お土産物や子どもたちが遊ぶ物など。

水鉄砲やボールなどが買えて、子ども達も大喜び。

f:id:momozin:20180805192909j:plain

酒類を含め、飲料も充実。値段もとても安い!

キャンプのビールはここで調達出来ますね。

f:id:momozin:20180805192951j:plain

眺望が抜群なうえ体験工房や子どもの遊び場も充実しているのに、全体的に来場者は少ない。

なんでだろ〜ぉ、なんでだろ?

ななななんでだろ〜?

 

施設の随所に多少の年季を感じるけれど、子ども達にはとても良いところだと思います。

f:id:momozin:20180805193033j:plain

f:id:momozin:20180805193135j:plain

さて、水遊びに満足したら再び着替えて、次の遊び場へ移動。

f:id:momozin:20180805193349j:plain

f:id:momozin:20180805193420j:plain

こちらが広場ゾーンの駅。

その名も「広場駅」。 

f:id:momozin:20180805220609j:plain

とーーーーーっても広くて綺麗な芝生エリアに、遊具。

f:id:momozin:20180805220704j:plain

売店もあります。

f:id:momozin:20180805220848j:plain

その奥に「ゆ〜遊広場」。

f:id:momozin:20180805221416j:plain

f:id:momozin:20180805221038j:plain

f:id:momozin:20180805221523j:plain

休憩が出来る東屋や、展望台もあります。

f:id:momozin:20180805221617j:plain

f:id:momozin:20180805221713j:plain

いや、本当に素晴らしいキャンプ場でした!

長距離運転がかなり苦手な私ですが、ここまで来て良かったです!

 

ーーーーーーーチェックアウトーーーーーーー

 

3日目の最終日。

午前10時にチェックアウトを済ませ、昼食に「平尾台蕎麦処えん」へ。

こちらはその入口にあった「とも亭 葉山」。

ここでは雪文アイスや葉山カレーが食べられるようです。

f:id:momozin:20180805221840j:plain

こちらが平尾台で育てられたという蕎麦粉を混ぜた十割蕎麦、「えん」の天ぷらそば(¥1,300)。

美味しかったです。

f:id:momozin:20180805221930j:plain

そして、続いてお楽しみの「千仏鍾乳洞」へ。

車ですぐだけど、細い道を行き交ううえに、駐車場待ちで大渋滞。

連休は特に、少し時間にゆとりをもって行かれた方が良さそうです。

f:id:momozin:20180805222011j:plain

ここは昭和10年に、国の天然記念物に指定された鍾乳洞。

平尾台とは打って変わって大勢の方で賑わっています。

 

入口から480m先以降は、足が水に浸かるらしい。

さらに900m、黄丸の所以降は照明設備がなくなり、その先は真っ暗…。

なかなかのアトラクション要素がありますね。

f:id:momozin:20180805222329j:plain

足が濡れること必至なので、クロックスタイプのサンダルがたくさん置かれていました。

f:id:momozin:20180805222112j:plain

ここで食事も取れます。

f:id:momozin:20180805222359j:plain

トイレを済ませて、さぁ出発です。

f:id:momozin:20180805222452j:plain

最初は広くて足元もしっかりしており快調。

3歳の子どもでも、ひとまず大丈夫です。

f:id:momozin:20180805222530j:plain

しかし、道がだんだん狭くなり、人の離合も困難に。

おいおいマジか?って感じw

「片側交互通行」のような状態なので物凄い渋滞、と言うか皆んな立ち往生。

小さなお子さん連れの方の中には、諦めて引き返される方も。

f:id:momozin:20180805222608j:plain

ただ、入口から480mの水場にまで来れば、その先は比較的スムーズだし、楽しくて一気に大盛り上がり!

引き返さなくて良かった〜。

f:id:momozin:20180805222650j:plain

最初は水がすっごく冷たく感じるけど、すぐに慣れるし、とても綺麗で神秘的。

照明器具がなくなる所で記念撮影をしてUターン。

f:id:momozin:20180805222724j:plain

とても楽しい体験で、グルキャンの締めくくりに良い想い出になりました。

 

ただ、3歳の息子を肩車してずっと登った帰りの急坂。 運動不足のアラフィフには、地獄のようでした。

 

やっぱり歳には勝てなかとです。

ヒロシです。ヒロシです。ヒロシです…。

 

おしまい